広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

INFORMATION

獣医師と看護師募集!
健全で謙虚で前向きな獣医師を募集しています。 通常診療から先進治療、東洋医学など幅広く勉強できる好環境です! 先ずは、実習で周波数が合うか確認ください。
看護師部門は資格は必要ありません、優しくて、愛情のある方であれば当院のトレーニングで立派な看護師に成長できます!
詳しくはTEL.0823-21-4175またはスタッフ募集よりお問い合わせください。
※継続支援のお願い
2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震災害が発生して6年が過ぎました。いまだ避難を余儀なくされた皆さんは故郷に帰ることも叶わず、仮設住宅暮らしが続いています。我々の東北が再生して初めて日本の再生がなされるものです。震災後の時間経過と共に温度差が生じていますが、我々の東北を支援していく気持ちに変わりはありません。日本国民が力を合わせ、この国難に向かって前向きに頑張っていかなければなりません。また、数万年先まで子子孫孫に放射性物質の負の遺産を残す無責任な振る舞いも、近々に現世の我々によって検討しなければならない大きな課題です。先人たちは畏敬の念を持って自然と共生し感謝していました、我々はこの事態に過去を振り返り、人間も自然の一部であることを肝に銘じなければなりません。

RSS1.0


犬の椎間板ヘルニア [News]

●Dax ♂ 6歳
「他院で会陰ヘルニア手術後、後ろ足が立たなくなり2週間が経過しました」主訴でした。身体検査では腰背部の硬結、起立不能、深部痛覚(+/-)でした。早速、身体検査、波動測定と共鳴療法を行いました。病変は総合的に第13胸椎と第1腰椎間のヘルニアによる神経障害と仮診断しました。共鳴療法後、2種類の漢方薬と絶対安静を御指示しました。

画像(300x212)

●2週間後
2週間後の再会でした。飼い主さんのご都合で暫く拝見することができず心配しておりました。性格的に安静は残念ながら守れなかったそうです。

画像(330x244)・拡大画像(375x278)

しかし、経過は良好で立ち上がってヨロヨロと歩く状況までに回復していことに飼い主さんと共に驚き感動しました、右後肢に僅かにナックリング(歩く際に足先が曲がる)が残るも今後が楽しみです!

  一記事表示

犬の慢性アレルギー性皮膚疾患 [News]

●○○○ク ミニチュアDax ♂ 12歳
8年前から症状が始まったそうです、治療を行うも徐々に進行してしまい、ステロイドそして次にアポキルを飲んでいても遂には痒みが収まらずSNS情報により遠方から来院されました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●皮膚の苔癬化
慢性炎症が継続すると皮膚が硬化し象の皮膚様に皺が発生し、更には黒く変色してしまいます。四肢全ての先端部、臀部が脱毛し苔癬化を生じていました。マラセジア感染が見られ、たくさんの鱗屑(ふけ)が目立ちました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

お尻の脱毛と苔癬化

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

足裏の紅班と肥厚
足の裏は、赤く厚くなり、痒みのため常に舐めているそうです。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

胸部の希薄化
胸の毛も脱毛し薄く変化しています。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

慢性外耳炎
外耳も慢性炎症で黒く変色しています。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●治療後1ヶ月経過
足先の毛が徐々に生え、苔癬化が軽減しています。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

まだまばらですが、脱毛したお尻の毛が徐々に生えてきました。痒みはありません。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●治療のポイント
西洋医学では目の前の症状を抑える、あるいはコントロールすることに重点を置きます。よって、慢性疾患であれば永遠に投薬が続き、副作用に怯えることになります。我々が行う治療は、根本原因を探し、大元を治すをことを中心に行います。「木」に例えれば、枝・葉の治療ではなく、幹あるいは根の環境、土の微生物などを正常化することに力を注ぐことです。現代社会の環境は、社会毒(電磁波、化学物質、重金属、塩素など)の汚染に溢れ活性酸素(慢性炎症)を常に発生させる状況であり、身体は酸化した状態が続きます。この社会毒の排除と根本原因を解決しなければ完全な治癒にたどり着くことはできません。
今回は、上記の除去、中和作業と合わせて、食事の変更、減感作を行っています。

  一記事表示

犬の大腿骨遠位端骨折 [News]

●チワワ ♂ もんた 
「交通事故で後肢が折れた」と他院の先生よりご紹介いただきました。しかし、肝酵素が著しく上昇していたので、検査値が落ち着くまで紹介病院でしばらく治療して戴くことになりました。10日後の血液検査で肝酵素が正常に復したのを機に手術に踏み切りました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●レントゲン写真
骨折は右大腿骨遠位部でした。損傷が激しく腹部の皮下出血と陰嚢の浮腫が著しく、骨折の近位端は鼠蹊部まで転移していました。

画像(330x241)・拡大画像(640x468)
画像(330x209)・拡大画像(519x329)

●手術
受傷後数日で手術を行いたかったのですが、上述のとおり肝障害のため11日間待機することになりました。今回の骨折は筋肉を突き破り大腿骨近位部が著しく前方へ変移し、癒着が始まっていたため整復に時間を要しました。

画像(330x246)・拡大画像(640x478)

大腿骨外側にプレートを当て、6本のスクリューで固定しました。

画像(330x248)・拡大画像(640x482)

●術後経過
術後3日目には痛みも無くなりました。ギブス包帯を通して過重と軽度の歩行が可能になりました。

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

診療時間

診療時間説明

呉本院

タイムスケジュール

大柿分院

タイムスケジュール

※ 診療・往診共に完全予約制です。
※ 分院の金曜日と日曜日は隔週となります。

電話予約はこちらまで!
[呉本院] 0823-21-4175
[大柿分院] 0823-40-3055

※ ご予約は閉院30分前までにお願いします。

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]