広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


2018年02月04日(日)

てんかん様発作U(高周波) [News]

●クー 18歳 ♂ ダックスフンド
「突然、発作が生じた!」と来院されました。過去の経験から発作の際には、必ず電磁波測定を行うことにしています。その結果、高周波の影響を強く受けていることが分かりました。詳細を伺うと、自宅にWifiとコードレスフォンの存在がありました。電磁波測定器を用いてデモンストレーションを行い、目に見えない、多くの人が感じない電磁波が身の回りに溢れていることを認識いただき、早々に自宅の環境改善をお願いしました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

10日後に再来院頂き、同じく測定を行いました。前回は松果体、視床下部、脳下垂体に強く障害がありましたが、今回の測定結果は白。当然高周波も白。お話を伺うと、発作は全くなくなり、以前より元気になった気がすると言われれいました。カルテを遡れば、約4年前から電磁波の悪影響をお伝えしていました、しかし、数回に渡る私の訴えも空しく他人事でした。今回の様な何らかの目に見える症状が出現しないと説得力に欠けるのが難しいところ(嫌らしいところ)だと感じます。。癌、難病などの発生で気づきを得ることにならなくて良かったですね!人間では、認知症、パーキンソン、鬱の原因も電磁波によるとも言われています。クーちゃん若干18歳(笑)、これからすっきりとした頭で未来を楽しみましょう!

18時06分


ページのトップへ