広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


2019年06月21日(金)

猫の口内炎とアレルギー [News]

●チャー 8歳以上 ♀ 三毛
「歯が痛そうで、クチャクチャする」主訴で来院されました。
その他の稟告は、時として食事中に「ギャー」と鳴く、ヨダレが少し、おとなしすぎるでした。

私は口内炎の治療にステロイドを使用しません。
過去の記事にも詳細を記載していますので参考にしてください、以下少々。

ステロイドは、「天使の顔をした悪魔」、炎症を抑制しますが、そのステロイド自身がその後に組織で過酸化脂質に変化し再び炎症を引き起こします。そして、炎症が再燃してステロイドを延々と切り離すことができなくなります、「ステロイド漬け」「蟻地獄」状態に陥ります。
これが悪魔の所以です。

画像(325x255)

●術前
口峡炎、口蓋扁桃部に潰瘍病変がありました。
喉の入り口に炎症があるので、想像以上に痛みがあり辛いと思います。

※写真がありませんが、この増殖病変は、炭酸ガスレーザーで処置しました。

画像(330x243)・拡大画像(335x247)

●左側
上下の歯肉炎、歯の接触する口唇部に著しい炎症が見られました。

画像(330x247)・拡大画像(485x364)

●正面
上顎の切歯(前歯)に炎症が見られます。

画像(330x251)・拡大画像(549x418)

●右側
下顎の後臼歯部分にも増殖病変が見られます。

画像(330x248)・拡大画像(458x345)

●術後 右側
炎症が著しいため、歯周靭帯が破壊され抜歯は容易でしたが、歯の根(根尖)を残すと炎症が持続するので、細心の注意が必要です。時には歯槽骨を高速バーで削りながら抜歯を進めます。

画像(330x248)・拡大画像(455x342)

●正面
上顎切歯も全て抜歯しました。

画像(330x246)・拡大画像(502x375)

●術後 左側
犬歯(一番大きな歯)は炎症の影響が少ないので、歯石を除去してスケーリング(清浄)、そしてポリッシング(磨き)を行い温存することにしました。

画像(330x246)・拡大画像(468x349)

●まとめ
手術後炎症を軽減するために漢方薬を5日間ほど処方しました。食欲は、3日間はありませんでしたが、4日目から徐々に回復しています。

慢性口内炎は、多くの例でアレルギーとの関連があります。よって、食事管理は必須条件になります。理想的には減感作療法を行って抗原刺激を無くし炎症の発生を抑えることが一押しです!(現在、飼い主さん検討中、約15回の生体共鳴療法が必要)

減感作療法
http://www.ishizaki-ah.jp/admin.php?ID=1214

●13日後
暫くは、食事が進みませんでしたが、痛みの軽減によりしっかりと食べるようになりました。ヨダレもなくなり、併せて処方食も変更できました、めでたしめでたし。

画像(330x236)・拡大画像(436x313)

10時40分


ページのトップへ

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

キーワードリスト

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]