広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


2020年11月20日(金)

インコの斜頸 [News]

●夢 セキセイ 35g ♂
「今朝から首が傾いたまま」の主訴で来院されました。

画像(330x245)・拡大画像(599x446)

●バイオレゾナンス測定
周波数測定は以下でした。
*中枢神経〇
*末梢神経〇
*内耳×
*高周波×
*サイトカイン×
*ミネラル〇
*カンジダ、トロピカリス×

画像(330x222)・拡大画像(494x333)

●原因と治療
上記の結果からカビ(C,トロピカリス)の繁殖による腸漏れが生じ
内耳部分の炎症(自己免疫疾患)が発生したと推測しました。

※腸漏れ
腸管の上皮細胞間の隙間が開き、本来入ってはいけない物(異物)が侵入し細胞内に入ると細胞に備わるMHCと言うレセプターに異物の端切れとくっつき異常を知らせます。その信号に気付いた免疫細胞が細胞を攻撃して炎症が始まります。

治療は
カビの活動を抑える乳酸菌と
サイトカインを抑える薬膳を処方しました。

●2週間後
頚はは元の状態にもどり食欲、元気問題なし。

周波数測定結果
*内耳〇
*サイトカイン〇
*カンジダ、トロピカリス△

腸内のカビ治療は続きます。

画像(330x240)・拡大画像(355x259)

11時56分


ページのトップへ

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

キーワードリスト

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]