広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


断食療法(副腎周囲の腫瘍) [News]

●リン ダックスフンド  11歳 ♀
抱いた時に「キャン」と鳴くので病院へ行き、さらにCT撮影してもらうと、腎臓周囲に大きな影があり悪性腫瘍だろうと診断されたそうです。悩んだ末、ドイツ振動協会の紹介により当方へ来院されました。

腹部から触診を行うと腎臓あたりに拳大の塊を感じました。
内容を確認するために早速超音波検査を行いました。
超音波所見だけでは正確に判断できませんが、超音波像の不均衡から悪性腫瘍を疑いました。(下映像)

病理検査による確定診断は行いませんでした、
理由は以下です。
@飼い主さんは抗がん剤を使用するつもりがない。
A外科手術で完全切除ができない。
B外科侵襲で活性酸素が多量に発生する。
Cできることならば西洋医学的治療をしたくない。

画像(330x247)・拡大画像(410x308)

⁂ポイント!
Bは、麻酔(薬剤使用)をかけるだけでも活性酸素が発生し、免疫を低下させるのです。外科手術となるとさらに大量の活性酸素が発生してしまい、腫瘍対応だけでも大変な状況の中、余計な活性酸素の発生は生体を疲弊させます。
また、病理検査の侵襲は、それほどでもありませんが、腫瘍の詳細が分かったところで治療内容が変わることがないので確定診断を行わず、その費用を免疫アップに使用することにしました。

●超音波画像 9月3日(初日)
左腎臓と副腎(過形成;黄色矢印)の間に腫瘍(赤⇒)*が見られます。
*病理検査を行っていないので正しくは腫瘤です。

画像(330x233)・拡大画像(490x346)

大きさは6p×5p程度に見えます。

画像(330x238)・拡大画像(496x358)

●治療
基本治療は断食を中心に行いました。
断食は何より毒出しにすぐれ、野生動物では病気時には必ず始める行為です。なぜ毒出しが必要なのかは、腫瘍、癌も元は慢性炎症から発生します。慢性炎症を起こす炎症物質をこれ以上増加させず、そして、体外へ排泄させるためです。

一般的に「食べないと弱ってしまう常識と強迫観念」がありますが、実は、病気を快復させるためにはエネルギー使用効率を上げる必要があります。免疫力が落ち、エネルギー不足に落ちいっている状態では、食べ物を断って消化作業に費やすエネルギーを節約し、腫瘍対応に専念させてあげるべきなのです。

リンちゃんの場合は、4週間の断食を行いました。7日おきに血液検査、身体検査を行い、状態を詳細に観察しながら行います。特に電解質、血液量、蛋白質量には注意を払いました。

食べないと衰弱してしまうことを心配されますが、断食するとエネルギー節約と共に、胃からグレリンと言う物質が出て、細胞内に存在するミトコンドリアを元気にすることができます。これがエネルギーアップにつながります。

当然、体重は低下(5.35kg⇒3.65kg)しました。
断食中の4週間の間に「震え」を発生しご心配された時期がありましたが、電解質コントロールを行った後は、走って吠えて至って元気に過ごしました。

●超音波画像 10月5日(断食1カ月後)
一カ月前の画像と比較すると明らかに1/5(2p)ほどに腫瘤が縮小しているのが分かります。

画像(330x228)・拡大画像(453x314)

下側に押されていた副腎(黄色矢印)が、腫瘍が小さくなることで元の位置(腎臓頭側)にもどりつつあります。

画像(330x237)・拡大画像(568x408)

断食後は、抗腫瘍作用のある漢方薬とりんちゃんの体に適した安心安全な食事を少量づつあたえながら治療を続けました。

●超音波所見 11月7日(約3か月)
腎臓頭側の腫瘍は縮小(赤⇒:1.5p)しています。初診の映像と比べると特に良く分かります。

画像(330x245)・拡大画像(551x410)

腎臓周辺の腫瘍がさらに縮小し、大きな副腎(黄色⇒)があらわになってきました。
ここで、腎周囲をとりまく腫瘍の中に肥大した副腎が存在していたことがはっきりと分かる像か出現しました。
副腎の肥大は下垂体腺腫による過形成と思われます。
こちらも、これから治療を行います。

腫瘍根治まであと1〜2カ月かかると予想されます。

画像(330x261)・拡大画像(543x430)

●断食療法につてい
一口に断食療法といっても、誰もが適応出来る訳でありません。
衰弱が著しい場合には、適応が難しくなります。また、適宜状態を観察、検査しながら慎重に進める必要がある為、頻繁な来院(最低週1回)ができることが条件になります。
そして、既に抗がん剤を使してエネルギーが枯渇した状態では、なかなか完治することが厳しくなります。

<抗がん剤使用について>
私見ですが、抗癌剤、放射線、(外科手術)など癌3大療法を受けると著しい活性酸素が発生し、免疫がさらに低下することになります。免疫が低下して腫瘍ができているのに、なぜ、さらに免疫を低下させるようなことをするのかが疑問であり問題です!

医師100人に対するアンケート調査がありました。「あなたは自分が癌になったら、抗がん剤を使用しますか?」結果は、99人の医師が抗がん剤を使用しないと答えています。現場に居るものが一番その内容を知っている事実です。
現代医療に流されることなく、何が本当に正しくて適しているのかを冷静に考え選択することが何より大切です。

体に優しく足を引っ張らない、体を応援できる本物の治療を行うことが生き残る本道だと思います。

  一記事表示

猫の十二指腸異物と慢性嘔吐について [News]

●リアン チンチラ 8歳 ♀
「昨日から食欲が突然亡くなり、嘔吐をしている」主訴で来院されました。
とてもおとなしい子のため、活力は不明ですが、
軽度の脱水と体温低下が見られました。
また、血液のスクリーニング検査では、急性腎不全が発見されました。
そして、触診で大きな胃を感じたので超音波検査へ進みました。

画像(330x224)・拡大画像(411x280)

●超音波所見
液体が溜まり大きく拡張した胃の異常所見が見られます。

画像(311x217)

液体で拡張した十二指腸とその後方に異物らしき像(影を引く)が見られます。

画像(330x231)・拡大画像(499x350)

●手術
開腹すると直ぐに十二指腸部分に閉塞部を発見しました。
何とか頑張って1pほど移動した様子がうかがえます(腸の充血部分)

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●切開、閉鎖
腸管へのダメージが軽微だったために、異物の真上を最小切開し取り出しました。内容物がお腹に入らないようにして、切開創を縦縫合しました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●摘出異物
摘出された異物は「梅干し」でした。
術後飼い主さんにご連絡すると、
「そういえば、よくゴミ箱をあさっているんです!」と。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●考察(猫の慢性嘔吐について)
少し前から、慢性嘔吐の病歴をうかがい、周波数測定の結果から食事アレルギーの存在をお伝えしていました。「猫は毛玉を吐くもの、だから草を定期的に与えなければならない常識」が世間には浸透していますが、実は毛玉ごときを消化できない胃は異常な状態が発生しているのです。

通常なら骨をも溶かす胃液がある訳ですから、毛玉が溶かされ消化されないのはおかしいことなのです。炎症を起こして機能が十分でないために消化、収縮、蠕動が通常とおりに機能できない異常な状態にあるために毛玉が滞ってしまうのです。

そして、その炎症と毛玉のために、いつも胃腸が重苦しくすっきりしないので、草を食べては嘔吐を促したり、ゴミ箱から色々な物をあさったりする異常行動を起こしてしまうのです。
異物を食べる元の元は胃腸の炎症から来る異常症状で想像されるのです。

猫は当たり前に嘔吐するものととらえず、草を与える前に異常所見と認識して、一度チェックに来院ください。適切な食事選びを行います。
また、根本治療としての減感作療法も選択でき、数カ月後には色々な食事を頂けるように体質を改善することも可能です。

慢性的に憂鬱な胃腸障害をすっきりとさせて、快適な日々が早く送れますように。

  一記事表示

猫の甲状腺機能亢進症と薬について [News]

●サスケ ♂ 12歳 アメショーMix
「慢性的に毛玉を吐く」消化器症状で来院されました。
周波数測定からアレルギーを疑い、減感作療法を開始しました。
減感作療法の中盤から嘔吐が少なくなり順調に体質改善がおこなわれていると思われましたが、後半あたりから徐々に体重が減少し慢性的な嘔吐が再び始まりました。

●血液検査
以前正常であった血液の数値は、*ALT>1000 *ALP 842の高値であり、周波数測定では数値を反映する甲状腺機能亢進症がピックアップされました。
そこで減感作療法終了後に甲状腺機能亢進症の専用食を開始しました。
しかし、食事療法では症状の改善がみられず嘔吐が継続し、
体重減少が続きました。
甲状腺ホルモンの測定を行うとT4(甲状腺ホルモン)は 18.2mg/dl、正常値(0.6-3.9)をはるかに超えた数値でした。


画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●抗甲状腺剤
食事療法は無効。
そこで止む無く私の嫌いな、副作用を持つ西洋医学の薬で
あるメチマゾールを始めました。

投与開始20日後、異常に跳ね上がった血液検査の数値は全て正常に復し、嘔吐もなくなりました。
甲状腺のコントロールで3.1kg まで落ちていた体重が、3.9sまで回復しました。

今後は、1カ月ごとに血液検査と周波数測定を行いながら、注意深い管理を行っていきたいと思います。

●私がメチマゾール(西洋医学薬剤)を嫌う理由
メチマゾールだけではなく、西洋医学の薬には多くの副作用が含まれます、人間では現在50,000ほどの病名があるらしいのですが、薬が新たな病気を作り出しているのですから、さらに病名が増えることが予想されます。

以下がメチマゾールの添付文書(INetより)です。

重大な副作用
汎血球減少、再生不良性貧血、無顆粒球症、白血球減少、発熱、全身倦怠、咽頭痛、低プロトロンビン血症、第7因子欠乏症、血小板減少、血小板減少性紫斑病、紫斑、肝機能障害、黄疸、多発性関節炎、移動性関節炎、SLE様症状、紅斑、筋肉痛、関節痛、リンパ節腫脹、脾腫、インスリン自己免疫症候群、低血糖、間質性肺炎、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、抗好中球細胞質抗体関連血管炎症候群、ANCA関連血管炎症候群、急速進行性腎炎症候群、血尿、蛋白尿、肺出血、喀血、関節腫脹、皮膚潰瘍、横紋筋融解症、脱力感、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、急性腎不全

その他の副作用
末梢神経異常、過敏症、発疹、蕁麻疹、こむらがえり、好酸球増多、倦怠感、唾液腺肥大、浮腫、味覚異常、味覚減退

●薬剤選択
当院では、薬剤は漢方薬を主体に処方しています。
理由は、上記の危険性があるからです、今回の薬だけでなくほとんどの薬は、上記の副作用以上を含んでいます。
漢方薬とて副作用がないわけではなく、素材に農薬、重金属、ホルモン剤などを含んでいれば副作用として作用します。
よって、漢方薬、西洋医学の薬を処方する際には、必ず周波数測定を行って副作用の有無をチェックし、ノイズ(副作用)の発生する薬剤は使用しないよう心掛けています。

災害を例にとれば、「自分だけは被害に合わない!」と鷹をくくっているのと同じことで、危険を認識して早めに避難しないと流されてしまってからでは手遅れなのです。
皆様の健康と意識改革を祈って!

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]