広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


てんかん様発作(高周波) [News]

●キャロ 3歳 ♂ トイプードル 
「突然、前肢が立てなくなり、そのすぐ後5分間ほど痙攣をしだした!」主訴で来院されました。身体検査では、既に通常の状態で、意識正常、瞳孔の大きさも左右対称で正常反射でした。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

このような場合には、いつも松果体、視床下部、脳下垂体と特に高周波(パルス波)の影響を測定します。案の定、間脳が強く障害され、高周波汚染が著しいことが分かりました。

●その後
実は動物も我々も電気仕掛けで動いているので、分かりやすくノイズと表現しますが、高周波による脳のノイズ(ゴミ)を排泄する漢方薬を処方し、電磁波対策を最速でしていただくことをお願いしました。なぜ高周波が身体にノイズを発生するのかは、人間が人工の電磁波を発明して僅か140年しか経過しておらず、あまりに進化のスピードが速すぎて受け入れられないのです。キャロの場合は、Wifiとコードレス電話を変更と切断することをお勧めして、2週間後に再来院いただきました。飼い主さん曰く、てんかん様発作は全くなくなり元気になったそうです。そして、脳の測定結果はすべてがクリアしていました。思い起こせば2か月前に高周波汚染をお伝えしていましたが、その手の話は右から左へ流れ(90%の飼い主さんがそのような反応に私は驚きません。(笑)、そして「時にはてんかん様発作を起こすことがありますよ!」とお伝えしていただけに、今回は説得力がありました。

唯一の欠点は、コードレスフォンの親機の電源を抜いたために留守番電話機能が働かなくなったと嘆いていらっしゃったことです。動物が障害を受ければ、当然同じ住環境にいる飼い主さんにも影響があります、その気づきをキャロちゃんから頂けたことに感謝して、多少の不便はご理解いただくようにお伝えしました(笑)。

  一記事表示

猫の耳疥癬 [News]

●コロ mix ♀ 7か月
「避妊手術と同時に耳が黒いので(たぶんダニだと思う?)診て欲しい」と来院されました。左右対称性大量の耳垢と検査より耳疥癬症と診断しました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●耳疥癬
耳疥癬とは、ダニの一種が外耳道に寄生する病気で、耳の中の耳垢、リンパ液、血液などを栄養として外耳限局に住み着きます。ダニが沢山繁殖していくことで痒みが増加し、後ろ足で耳を掻き壊したりすることもあります。

画像(330x267)・拡大画像(408x331)

●巨大な耳垢
避妊手術の依頼があり、麻酔下で鼓膜までびっちりとこびりついた耳垢の洗浄を一緒に行いました。過去最大の大きな耳垢の収穫でした。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●治療
耳垢の洗浄とダニ駆除薬の併用で、比較的速やかに治癒します。長期寄生になると外耳道の炎症が著しくなることもあります、できるだけ早い対応が賢明です。

  一記事表示

接客係のその後 [News]

●命名
以前に紹介しました当院の接客係の名前が決まりました!
名前は「ヒフミ」となりました、「ひふみん」ではありません。意味は・・・カタカムナ言葉から「光が根源から増し輝く」です。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●骨折初日
3本の前足の骨が折れ、直ぐにギブス処置を行いました、
凄く我慢強く、無麻酔で牽引しながら装着できました。

画像(330x247)・拡大画像(349x262)

●20日後
本日、ギブスを外しました。ギブスをしたまま走り回っていましたので、直りが早く骨折は完全に修復されていました。
足先も成長しているのが分かります。

画像(330x238)・拡大画像(388x280)

走り回っている姿を見かけたら捕まえて、膝の上にでも抱いて癒されてください。

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]