広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


選択されているタグ : 

軟部外科

犬の大きな大脂肪腫 [News]

●メイ 7歳 チワワ ♀
1年前から稲荷寿司大の腫瘤が気になり来院されました。その1年後、さらに大きく(稲荷寿司10個分)なってしまい、いよいよ手術に踏み切る覚悟をされたのでした。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●手術
通常、毛並みに沿って切開するところですが、巨大に育ってしまったので縦切開を行いました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

筋肉の下から発生していたため、筋肉切除と切除後にドレインチューブを設置しました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●抜糸
10日後の抜糸に来院されました。
至って元気で、大きな腫瘤が無くなったので、軽やかそうに見えます。縫合は23糸でした(右横の傷はドレインチューブが入っていた場所です)。

画像(330x254)・拡大画像(472x364)

副腎皮質亢進症を抱えていますので、視床下部改善剤(漢方)を飲みながら定期検査を行う予定です。
やはり、出来物は早い段階で除去したほうが良いですね!


関連タグ :

  一記事表示

ページのトップへ