広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


2021年09月17日(金)

私が未病治療にこだわる理由 [News]

●未病とは?
未病とは病気になる前段階を言います。
西洋医学では、血液検査、尿検査、画像診断などにより異常値を発見し
病状が表れていない状態を見つけるのが「未病発見」と位置付けます。

バイオレゾナンス(生体共鳴)測定では、
上記の検査に何の異常がなくとも発見が可能です。

画像(330x215)・拡大画像(640x417)

例えば腸について
腸漏れは西洋医学の血液検査では把握できません。
実は多くの動物が腸漏れ、脳漏れ状態になっています、
これは、良い便をしていても漏れています。

漏れを治したとしても
既に体には病原体(カビ、ウイルス、細菌など)が侵入して居着いています。
西洋医学では、その状況を把握できません。
そして、やがてその病原体により病気の前段階が作られていき
最後は病気と言う最高傑作作品が完成していくのです。

病気が完成する前に
手当を行い病気にしないことが大切です!

●対処法
1歳未満でバイオレゾナンス測定を行い
速やかに病原体を除去することを行います。
1歳未満であれば臓器の機能障害はまず発生していません、

画像(328x173)

建築物に例えると
@砂で作られた建物(見えない病気)
A木造で作られた建物(見える病気)
Bコンクリートに鉄筋が入った建物(完璧な病気)

@の未病状態であれば
更地にすることは簡単で短時間で済みます
しかし、
Aは時間を要します。
Bにまでなると時には更地にもどせないこともあります。

木造建築までに病気を元にもどしましょう!

●飼い主さんの覚醒
飼主さん自身が健康に対する知識が必要です。
食材を購入する際にも表示を確認し
成分分析を行い、食べて良いもの、悪いものを
選択する知識と意識が大切です。

身体は全て食べ物で出来ていることを認識する必要があります。

そして、体は自然のもので構成されています、
不自然なもの(農薬、除草剤、保存料、酸化剤、香料など)は体は喜びません、
不自然なものはノイズ(毒)として体内に蓄積して酸化の元になります。どうしても体が不自然な物を利用しなければならない状況に陥ると、身体は不良品でやむなくまかなうことになります。
不良品ですから純正と比べてトラブルが発生しやすいのは当然ですね。

また、酸化とは「さび付き」のこと
「さび付き」の発生で体内で病原体が勢いづきます、
それを処理するための免疫細胞は反対に眠る、
あるいはその処理に手を取られる状態になります。
それが「炎症」で、進行すると癌、難病という作品が完成します。

画像(213x166)

病原体が局所なら外科は適合しますが、
他の部位に病原体が居ると、外科、放射線、抗がん剤などで
強酸化の状態に陥り速やかに癌が再発します。

不自然なものと関わらず
自然な物で治療に導くことが
自然で構成されている体を元に戻す最良で正しい方法です。

09時34分


ページのトップへ

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

キーワードリスト

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]