広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


2022年05月30日(月)

犬の脱毛症  [News]

●ソラ トイプー ♀ 6歳
「2年前から背中の毛が茶色くなり抜け出した」
「痒みがある」
 主訴でした。

まずは腸と頭の問題を解決すべく
「バイオレゾナンス測定」を行いました。

画像(330x238)・拡大画像(343x248)

全体的に背部の毛が薄く
お尻の周りはかさぶたになっていました。

周波数測定では
視床下部、下垂体、副腎、大腸、小腸、骨髄、細胞膜、血管の障害、
アレルギー、ミネラル不足などが見つかりました。
脱毛の異常所見は、脳下垂体における病原体の侵入
および組織侵襲によるものと思われました。

以下の計画で進めました
@腸漏れ、脳漏れ修復
A病原体排除
B細胞内小器官修復
C毒性物質排除

画像(330x243)・拡大画像(366x270)

●2か月後
痒みが無くなり、毛がぽつぽつ生えてきました。

画像(330x215)・拡大画像(481x314)

●5カ月後
初診時の問題点の8割を修復しました。
そして、減量にも成功しました。

画像(330x248)・拡大画像(503x379)

●5か月半後
毛の生育スピードが速まってきました。
今回は、視床下部、副腎を漢方薬で修繕しました。

画像(330x243)・拡大画像(361x266)

フサフサに生え揃う日を夢みて頑張りましょう!

●6ヶ月後
毛の色は変わりましたが、
別人の様に 
ついに夢のフサフサの日が訪れました!

画像(330x170)・拡大画像(554x286)

今回は伸びすぎてカットまで行って来られたそうです☺
一同 とても嬉しいです!

●11ヶ月後
毛色は元の白にもどりました!
長い間ご苦労様でした。

画像(330x197)・拡大画像(359x215)

11ヶ月間に於いて修正した箇所は以下です。

腸漏れ、脳漏れ改善、大腸のカビ駆除、間脳修復
病原体(寄生虫、ウイスル、細菌)除去、
細胞膜修復、血管内皮修復、骨髄幹細胞修繕、動脈、静脈修繕
樹状細胞、キラーT細胞増強、
細胞内小器官修繕(ゴルジ体、リボソーム、リソゾーム、ミトコンドリア、小胞体)上皮細胞、結合組織修復、リポファッシン除去、テロメア修繕など

画像(330x255)・拡大画像(364x282)

我々の治療を信じ 
遠方よりお越しいただきましたことに
感謝申しあげます。


関連タグ :

10時43分


ページのトップへ

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

キーワードリスト

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]