広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


2023年01月02日(月)

病気の原因と対策 [News]

画像(162x220)・拡大画像(287x389)

皆さん、今年は下記を学び実践し
病気のない良い年にしていきましょう!

病気の成り立ちの基本は実にシンプルです。
@体は食べたものでできている
A自然でないものを入れると体はそれを拒絶する
 そして、その掟を破れば病気(炎症)が始まる。



現代社会では、安心安全な食材を手に入れることは難しく
遺伝子組み換え食材はもっての他ながら、
無農薬栽培であっても
そもそも土が汚染されているので厄介です。
土地の改良から手掛け、ポリシーを持って食材を育てている
農家を見つけなければなりません。
そんな環境下で動物のフード選択は限られます。

我々が身近でできるのは、農薬を中和できる水溶性ケイ素を
使用する習慣づけが一つのアイデアです。
しかしながら、ケイ素で除去できない化学物質も存在します。

同様に汚染物質として西洋医学の薬(石油)で明らかですが
しかしながら、渡される説明文には

重大な副作用
1.アナフィラキシー(飲んだら死ぬヨ)
2.横紋筋融解症(筋肉が溶けて歩けなくなるヨ)
3.ステーブン症候群(失明などするヨ)
4.中毒性表皮壊死症(皮膚がずるむけてはがれるヨ)
などの記載はありません。

本当の説明文に長々と副作用を列記している意味は、
不自然な成分(化学物質)故に発生する多数の問題が潜んでいるからなのです。
(ネツトで薬の詳細は検索可能)

また、多剤での組み合わせ試験を行っていません、
それは同時投与すれば未知の障害が発生する可能性を意味します。

皆さんがご存じのステロイドは
臭いものに蓋をする代表薬で
表面のみをつくろい炎症を抑えますが
原因を除去するのではなく、改善されていると勘違いしているうちに
中のゴミは腐りまくってしまうのです。

画像(330x241)・拡大画像(480x351)

日本が世界で一番癌の死亡率が高い理由は、
未だに標準治療として抗癌剤、放射線、外科の誤った3種の神器を妄信し、
他の治療法の是非を検討することなく使用しているからです。
癌患者の82%は治療の副作用で死亡している報告もあります。
海外では、とっくの昔に安心安全で体で優しい治療を実施し
救命・完治率は上がっているのです。

●病気の原因
1. 上皮細胞間の漏れ(腸、脳、皮膚、呼吸器など)
2. 化学物質汚染
3. 重金属汚染
4. 電磁波汚染
5. 病原体侵入
6. 心の障害とストレス
7. 糖の代謝不全
8. 脳の指令障害(マトリックス障害)
※ 1-6が慢性炎症の元になる
※特に化学物質は、日本の制限が世界一緩いので汚染大国になっている
(廃棄物処理場)
※現代社会では、化学物質、重金属の中和、排毒なしには治療は成功しない

●病気の大元
1. 食事
2. 水
3. 住環境

●病気の対策
1. 安心安全で体質に合った食材
2. 安心安全な地下水
3. 安心安全な住環境
4. 中和と解毒と排泄
5.ミネラル補給

まずは、飼い主さん自身が上記の問題を真剣に捉えて勉強し
そして 実践し実感することです。
それを動物達に反映すれば、間違いなく病気は改善し、
病気になる機会は断然と低下します。

今年こそは本気で大元をとらえる
大いなる覚醒の年にしてください!

07時49分


ページのトップへ

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

キーワードリスト

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]