広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

INFORMATION

診察時間のご案内 ※診察・往診ともに完全予約制です ※翌月の診察時間は当月下旬に掲載させて頂きます。
電話予約はこちらまで。[呉本院]0823-21-4175 [大柿分院]0823-40-3055
当日予約は閉院30分前までにお願いします。

獣医師と看護師とトリマー募集!
健全で謙虚で前向きな獣医師を募集しています、年齢は問いません。 通常診療から最先端西洋医療、ドイツ波動療法、伝統的東洋医学など幅広く勉強できる好環境です! 先ずは、実習で周波数が合うか確認ください、何も心配はありません、親切にきめ細かく指導します。
看護師部門は資格は必要ありません、優しくて、愛情のある方であれば当院のトレーニングで立派な看護師に成長できます!
詳しくはTEL.0823-21-4175またはスタッフ募集よりお問い合わせください。

RSS1.0


子犬の低血糖 [News]

●ゲーリー 3か月 チワワ ♂
意識不明の緊急状態で担ぎ込まれました。

急ぎ頚静脈から採血し、前足に血管を確保しました。
血糖値は「Lo]、低血糖です。
ブドウ糖を急速注入、そして、ブドウ糖が添加してある電解質溶剤をゆっくりと機械管理で静脈へ送りました。

画像(300x239)

低血糖症とは、血中の糖分濃度が著しく低下してしまう病気です。身体の細胞は糖あるいはケトン体をエネルギーとして活動しています。

実は、今回が2度目の低血糖でした。
2種類の異なる消化管寄生虫により低血糖が発生したのでした。寄生虫により腸管から十分なブドウ糖を吸収できなくなり、未だ微力な肝臓でのグリコーゲンとしの蓄え、あるいは中性脂肪への返還ができなくなるためエネルギーが枯渇し虚脱、痙攣症状が発生したのでした。

●1度目の低血糖症
検便によりトリコモナスを発見しました。
トリコモナスは原虫に分類され、健常な場合でも寄生していることもあり、感染している犬の糞から経口的に感染します。子犬では、粘液、下痢便が主症状です。

1度目は、低血糖を緊急処置を行い、翌日より元気に回復していました。そして、食欲が改善したところで駆虫薬を5日間処方しました。

画像(248x165)

●2度目の低血糖症
1度目と同じく「昨日まではとても元気だったんです!」
と倒れた状態で来院されました。
検便を行うと1度目とは異なる寄生虫、ジアルジアが発見されました。
ジアルジアはトリコモナスと同じ原虫に分類され、同じく消化器症状(粘液、水様便)を起こします。

画像(300x206)

●2時間後
仮死状態が嘘のように2時間後には蘇りました。
経鼻カテーテルから駆虫薬と天然ハチミツを投与し、その1時間後には鹿の缶詰をぺろりと完食しました。

画像(330x228)・拡大画像(334x231)

●注意点
子犬(特に生後3か月未満)は、急激な変化が起こります。
1度目の回復後に検便を行いましたが、その際には2度目の原因であるジアルジアは発見されませんでした。

良くお話を伺うと、便は少し緩い状態が続いていたそうです。特に子犬の場合は、元気、食欲があっても、柔らかい便が出る際には、寄生虫の有無を繰り返し検査することが肝要になります。

  一記事表示

腹腔鏡手術を選択しました! [News]

●りん チワワ ♀ 8ヵ月 2.4kg
初診の検便で寄生虫(コクシジウム)感染が見つかり、
まずは駆虫をおこないました。
良便でも寄生虫が発見される「幼年期の検便の重要性」があります。

そして、2カ月後に不妊手術の相談に来院されました。
開腹手術あるいは腹腔鏡を使用した低侵襲手術の利点と欠点をお話して
後日お返事をいただくことにしました。

画像(330x252)・拡大画像(340x260)

●飼い主さん感想文

先日 避妊手術を腹腔鏡で行っていただきました。正直、昔からある開腹手術の方が安心なのか、腹腔鏡手術が良いのか迷っていました。先生に手術のビデオを見せてもらい、話をさせてもらって、この子にとって どちらが良いかを選びました。

腹腔鏡手術は 小さな穴を三箇所開けるだけなので、お腹を大きく開く方法よりも負担が少ないこと。よって、痛みが少なく回復が早いこと。なにより、先生は17年間の腹腔鏡手術経験を積まれていたので安心してお任せしました。

手術の当日、まず 鎮静剤の注射を打ちました。怖がって ブルブル震えていたのですが 病院の方針で鎮静剤が効くまで抱っこしてやれたので本人も安心の様でした。大人しくなってきた所で 看護師さんに預け一旦帰りました。

そして夕方、麻酔が覚めた頃電話をいただきお迎えに行きました。眠たそうに まだ ぼや〜っとした状態でしたが、痛がっている様子もなく落ち着いていました。先生にも看護師さんにも大丈夫だったと言って頂き、本当に安心しました。

帰りの車でも まだ眠いようでぐっすり寝ていました。帰ってからも 痛がることなく、朝までよく寝ていました。朝起きるとカラーを付けられて、体に腹帯が巻かれた状態に初めて気づいた様子で 「この服なに? 脱がして!」と言いたそうな顔して、走り回ったり転がり回ったり。

傷が開かないかとドキドキしてました。トイレの為に近くを散歩に出かけましたが、いつも通りグイグイ引っ張っても痛みは全くない様子でした。食欲もいつも通りにあり、麻酔の後なので指示通り半分にしましたが完食でした。

本人はいつも通りのつもりです。ただ、なぜこの格好なのか...そこだけは納得出来ない様子でした。安静にさせる為にゲージに閉じ込めていましたが、不満そうでした。傷を気にすることもなく、翌日の朝から元気過ぎて 心配するぐらいでした。4日目の傷チェックも問題なく、10日目の抜糸まで無事に過ごすことが出来ました。

費用は加算になりますが、それだけこの子にとって一番の方法を選べたと思っています。いつも先生は 動物たちにとって一番良い方法を考えて下さいます。今回も安心してお任せすることが出来ました。先生、看護師さん、りんに優しく接して頂いてありがとうございます、本当にお世話になりました。

●3日後
当院では、手術後3日目の腹帯交換、10日目に抜糸の流れで行っています。
腹腔鏡の手術であれば、切開創は僅か5oですので、痛みが少ないのはもとより、いくら暴れてもその創口から臓器が飛び出すことが無いので安心です。

画像(250x330)・拡大画像(263x346)

●10日後(抜糸)
無事に抜糸(外科用ホッチキス除去)が終わりました。

画像(221x330)・拡大画像(251x374)

関連タグ :

  一記事表示

オカメインコの健康診断 [News]

●ピー ♂ オカメ 1ヶ月
当院HPをご覧になって健康診断で来院されました。
身体検査は体の表面的な部分のみの検査であることが多く、深部(体内臓器、細かくは細胞小器官、核など)を見ることができません。また、触られることに慣れていないケースでは、無理に触ることで過度のストレスが発生します。

画像(330x236)・拡大画像(513x367)

●周波数測定
ピーちゃんは、ドイツの周波数測定器を使用して
大切な主たる内容(元の元)を観察しました。
ベーシックな部分(ここが一番大事!)では、@チャクラの異常 A経絡の異常 B電磁波汚染 C身体の酸化 D有害物質の汚染 E酵素不足 F水の汚染(塩素、トリハルメタンなど)が問題に上がりました。

画像(330x229)・拡大画像(367x255)

私が普段から「病気にならない生き方」で3種の神器と
呼んでいるものはシンプルに以下の項目です。
@食事、水 
A住環境 
Bストレス
この3種を見つめて諦めずに積極的に対策改善することが大切なのです。

●三種の神器
@食事と水について
ほとんどの食事には、農薬、化学物質、重金属、遺伝子組み換え食材、ホルモン剤、抗生剤、放射能が含まれています。
その有害物質を中和処理することが現代社会では必要になります。
水にも塩素、トリハロメタンなどが含まれます、実は日本の水は決して安全ではないのです、金魚が生きられない水を飲んで良い訳がありませんネ。

A住環境
建築材から出るホルムアルデヒドなどの有害物質、Wifi・コードレス電話、電子レンジ、IH調理器からの有害電磁波に対処する必要があります。現在は、どこへ行っても人工電磁波だらけですので、せめて自宅だけは身体が休める環境を作ることが必須です。

Bストレス
そもそも人間に飼われる事でストレスが発生しているのです。
必要以上に強制しないこと、言葉の選択をすること、嫌がることをしないこと、持って生まれた活性酸素を発生する性格(恐れ、他人を気にしすぎる、攻撃性など)もストレスノイズになるので配慮が必要となります。

どうか三種の神器を整え、心と体が喜ぶ生き方を目指してください、対応法は全て伝授しますが、飼い主自身の現在の生活が危険にさらされていることに目を覚まし行動してください、まずはそこから実践してスタートが始まります。
「飼い主の覚醒なくして、動物たちの健康な生活は確保できないのです!」

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]