広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

INFORMATION

診察時間のご案内 ※診察・往診ともに完全予約制です ※翌月の診察時間は当月下旬に掲載させて頂きます。
電話予約はこちらまで。[呉本院]0823-21-4175 [大柿分院]0823-40-3055
ご予約は閉院30分前までにお願いします。

獣医師と看護師とトリマー募集!
健全で謙虚で前向きな獣医師を募集しています、年齢は問いません。 通常診療から最先端西洋医療、伝統的東洋医学など幅広く勉強できる好環境です! 先ずは、実習で周波数が合うか確認ください、何も心配はありません、親切にきめ細かくご指導します。
看護師部門は資格は必要ありません、優しくて、愛情のある方であれば当院のトレーニングで立派な看護師に成長できます!
詳しくはTEL.0823-21-4175またはスタッフ募集よりお問い合わせください。

RSS1.0


緊急症例、犬の会陰ヘルニア [News]

●るい ♂ ポメラニアン 13歳
その症状は突然やってきました。「いつも元気過ぎる子が急に食欲、元気がなくなり大人しくなった。気が付けばどうもお尻が硬く膨らんでいるのに吃驚した!」と緊急で来院されました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●右会陰ヘルニア
右のお尻は、ヘルニア輪から突出したと思われる内容物で大きく膨らんで硬くなっていました。すぐに超音波で確認すると大きく膨らんだ膀胱と前立腺が入り込んでいるのが分かりました。
⁂カルテを見ると以前より手術を勧めていた記録がありました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

急性腎不全が発症していましたので、まずは、針で穿刺して大量に溜まった尿を抜きました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●術後
急性腎不全による尿毒症が発症していましたので、数日間の点滴を行いながら、経過を観察していきます。2日後には、まだ腎不全が続きますが、食欲は旺盛になってきました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

コロッとしたうんちを確認、そして、吠えまくるので本日(4日目)退院になりました。めでたしめでたし。

  一記事表示

猫の時間経過した開放骨折 [News]

●うり 1歳 ♂ 茶トラ
「ギブス固定していたが、ずれて骨がでてしまった」と手術依頼をいただきました。

●レントゲン写真1(術前)
とがって見えるのが皮膚から外に出ている脛骨の一部です。時間か経過しているために既に骨は固まってしまっています。

画像(330x235)・拡大画像(424x303)

●レントゲン写真2(術後)

画像(327x226)

●手術
皮膚から出ている部分の骨を切除し、癒着している骨を離断し、軸を正しました。時間経過による萎縮があるため、骨をさらに短く切断すれば足の角度は整いますが、歩きづらくなると思われましたので、術後のリハビリに期待して骨の切除は最低限度に抑えました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

若干脚は短くなりますが、固まった関節と委縮した筋肉を徐々に開放し伸ばしていくリハビリが不可欠です。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●レントゲン写真@(術後)
このプレートは、創内で行う創外固定を原理としています。よって、骨とプレートとの隙間(脛骨近位部)が生じても問題はありません。

画像(328x202)

●レントゲン写真2(術後)

画像(327x207)

●術後
翌日から食欲旺盛で、3日後に帰宅しました。骨髄炎を考慮して、波動測定を行いながら抗生物質の投与期間を検討していくつもりです。
遠方からのご紹介手術でしたので、本日お電話をいただきました。「足を着いて高い所に上がろうとする」とご報告に嬉しさがこみ上げました。(感謝)

  一記事表示

冬の蚤アレルギー [News]

●rara 猫 16歳 ♀
「毛が抜ける」と来院されました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●蚤アレルギー
以前は、冬に蚤のアレルギーによる皮膚病を見ることはありませんでしたが、数年前からこのような状態になりつつあります。対応は、身体のエネルギーを奪わないタイプの蚤駆除薬を選択します、そして、極力使用しないことが肝要です。なぜならば、甲殻類(蚤、ダニなどの甲羅を持つ生物)にしか効果がないと説明されていますが、蚤が死んでしまうような化学物質が体に良い訳がない(笑)と考えるからです。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●診断と治療
診断は、臨床症状(腰背部の脱毛、突然振り返って皮膚を噛み付く)と蚤の糞の存在です。蚤取り櫛で採取した糞の特徴は、「J」に湾曲している、水分を含ませると血液がにじんでくる特徴があります。多頭飼育している場合には、同時に蚤の駆除を行う必要があります、繰り返して申し上げますが、蚤が居ないのにノミ駆除薬を予防的に安易に使用することは避けましょう!

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]