広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

INFORMATION

診察時間のご案内 ※診察・往診ともに完全予約制です ※翌月の診察時間は当月下旬に掲載させて頂きます。
電話予約はこちらまで。[呉本院]0823-21-4175 [大柿分院]0823-40-3055
当日予約は閉院30分前までにお願いします。

獣医師と看護師とトリマー募集!
健全で謙虚で前向きな獣医師を募集しています、年齢は問いません。 通常診療から最先端西洋医療、ドイツバイオレゾナンス療法、伝統的東洋医学など幅広く統合医療を勉強できる好環境です! 先ずは、実習で周波数が合うか確認ください、何も心配はありません、親切にきめ細かく指導します。
看護師部門は資格は必要ありません、優しくて、愛情のある方であれば当院のトレーニングで立派な看護師に成長できます!
詳しくはTEL.0823-21-4175またはスタッフ募集よりお問い合わせください。

RSS1.0


犬の腸漏れによる細菌性肝炎 [News]

●ミツオ 12歳 ♂ ビーグル
「突然食欲が無くなる」主訴で来院されました。
体温39度2分(平温38度5分)、元気、食欲なし。

画像(330x230)・拡大画像(471x329)

身体検査、血液検査、周波数測定を行いました。

●血液検査

@貧血
A肝機能障害
B副腎皮質機能亢進症の可能性
C急性炎症

画像(330x232)・拡大画像(415x292)

●周波数測定
*椎間板×
*炭水化物障害×
*アレルギー×
*肝臓×
*副腎皮質機能亢進症×
*トロンボシスチンン(凝固系)×
*大腸菌(細菌)×
*トリコスポロン属クタネウム(カビ)

●治療
突発なこと、急性炎症の数値が跳ね上がっていること、黄疸が発生していることなどから大腸に繁殖したカビから腸漏れが発生し、大腸菌が肝臓へ侵入し感染が発生したと判断し薬膳を処方しました。以前は腹腔鏡を用いて肝臓の一部を採取し培養した時代もありましたが思った程の結果は得られず現在は周波数測定により判断しています。

7日後の診察では、食欲がでてきて調子が良くなりました。
14日後、食欲元気共に正常に復しました。
カビ治療はつづきますが、ひとまず危機は乗り切りました。

●カビ繁殖の問題点
@抗生物質の使用
抗生剤を安易に処方されると腸内細菌が減少する。その隙に腸に存在する僅かなカビが増殖し勢力図が変化してしまいます。その後はカビに支配される関係が続く。

A小麦の摂取
小麦に含まれるグルテン、および遺伝子組み換え小麦の異物反応により腸に炎症が発生し、上記と同じく腸漏れが起こる。

つまり、特例を除き抗生剤を使用しない、小麦の入っていない食事を選択することが
元の元の病気の発生予防に繋がります!

  一記事表示

犬の神経性疾患 [News]

●イタリアングレーハウンド ♀ 15歳 カール

「左前肢に力が入らない」主訴で来院されました。
左足を地に付ける際に折れ曲がる(ナックリング)、痛みはない様子でした。

画像(330x254)・拡大画像(350x270)

●血液検査
ALP(アルカリフォスファターゼ)のみ上昇して他に異常はありませんでした。
ALP:2489(正常値250)mg/dl

画像(330x243)・拡大画像(418x309)

周波数測定異常
@各種ビタミン、ミネラルの不足×
A電磁波障害(低、高周波)×
Bアレルギー×
C中枢、末梢神経障害×
D酸化障害×
E炭水化物代謝障害×
F動脈硬化×

●1カ月後
「徐々に起立時間が短縮してきた、寝たまま排便する。」

●2カ月後
1日に1回立つことあり、殆ど起き上がれず寝たまま、四肢がt特に冷たい。

周波数側定異常
@細胞外マトリックス×
A間質×
B細胞膜、細胞質×
Cゴルジ装置、リボソース、リソゾーム×
上記の結果から細胞内を修復する治療に切り替えました、
そして、後半から細胞外を修復する治療を開始しました。

●4か月後
2カ月間は立てない状況が続きましたが、
ここにきて「立てないが寝返りをうてるようになった!」と
嬉しい報告をいただきました。

この時点で細胞内、外の状況は改善しました。

●5カ月後
「自力で立ち上がり、自分で水が飲めるようになった」

周波数測定異常
@末梢神経△
A腸内フローラ×
B真菌×
C大腸×

真菌治療を開始しました。

●7か月後
「元気で動き回り以前同様によく吠えるようになった」
「元に戻った!」

画像(330x237)・拡大画像(476x342)

●考察
7カ月に渡りお付き合いいただき感謝です。当初は症状が進行し寝たきりになりましたが、辛抱強く薬膳投与と周波数測定に通っていただきました、現在ほぼ以前の状態に回復できたことは本当に嬉しく思います。
今回の大元は大腸における真菌感染により腸漏れ(リーキーガット)が発生し、次に自己免疫疾患※に進展した結果が招いたものと思われました。

※自己免疫疾患
免疫が自分の組織を非自己とみなし攻撃を始める臓器障害を発すること。(例:関節リュウマチ、膠原病、SLE、甲状腺機能減退症、糖尿病、アレルギーなど)

  一記事表示

犬の肛門感染 [News]

●チワワ 2歳  ♂
「お尻をこする」と来院されました。
通常お尻をこする原因は主に以下です
@ノミを介して感染する瓜実条虫が排出され肛門周りを這う
A肛門腺が溜まる
B便が肛門周囲に付着している/その影響で炎症を発している
など

画像(330x253)・拡大画像(332x255)

●大腸菌
波動測定を行うと原因菌は大腸菌でした。
通常皮膚感染は常在菌でもあるブドウ球菌により発生しますが、ときに化膿連鎖球菌、大腸菌、嫌気性菌などで生じる場合もあり、今回は珍しい大腸菌が起因菌でした。

画像(330x271)・拡大画像(354x291)
画像(330x256)・拡大画像(348x270)

●治療
大腸菌に適合する薬膳を周波数測定で特定処方し、
肛門患部は鉱石パウダーを塗布することにしました。

●抗生物質を使わない理由
安易に抗生剤を選択してしまうと真菌(カビ)が腸管で有意な存在になり増殖します。なぜなら、抗生剤はカビには効果がないからです。抗生剤投与により細菌数が少なくなった隙間に本来少数存在する真菌が足場を固めて増殖します。
一度細胞に根を下ろした真菌はそう簡単に除去はできません、抗真菌剤が色々とありますがどれも決定的な効果はありません、また副作用の心配があります。

画像(330x255)・拡大画像(360x279)

カンジダ アルビカンス

画像(330x261)・拡大画像(364x288)

トリコスポロン クタネウム

さらには、そのカビ毒(マイコトキシン)により癌、自己免疫疾患などが発生することが大きな問題です。

●7日後
肛門は綺麗に治癒していました。
感染の周波数が消えたことを確認して漢方薬を終了しました。
残念ながら写真撮影を忘れてしまいました。

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]