広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

INFORMATION

診察時間のご案内 ※診察・往診ともに完全予約制です ※翌月の診察時間は当月下旬に掲載させて頂きます。
電話予約はこちらまで。[呉本院]0823-21-4175 [大柿分院]0823-40-3055
当日予約は閉院30分前までにお願いします。

獣医師と看護師とトリマー募集!
健全で謙虚で前向きな獣医師を募集しています、年齢は問いません。 通常診療から最先端西洋医療、ドイツバイオレゾナンス療法、伝統的東洋医学など幅広く統合医療を勉強できる好環境です! 先ずは、実習で周波数が合うか確認ください、何も心配はありません、親切にきめ細かく指導します。
看護師部門は資格は必要ありません、優しくて、愛情のある方であれば当院のトレーニングで立派な看護師に成長できます!
詳しくはTEL.0823-21-4175またはスタッフ募集よりお問い合わせください。

RSS1.0


犬の慢性(アレルギー性)皮膚炎 [News]

●ピース 9歳 日本犬 ♀
慢性化し治療開始から5ヶ月、ようやく痒みを抑えることができました。

最初の症状(写真撮影なし)は、
皮膚の著しい赤み、脱毛、フケ(酵母菌の一種マラセジア菌含む)があり難航しました。しかし当院の方針であるステロイド、消炎剤などの内服などを使用しない治療計画に我慢強くお付き合いいただきました。


画像(330x231)・拡大画像(596x419)

●原因
大腸におけるカビの増殖により腸漏れ(リーキーガット)が生じ皮膚の自己免疫疾患(アレルギー)と病原体侵入による感染が発生しました。

初めはそのカビを乳酸菌で抑制する計画を立てましたが芳しくなく、
先月からカビの殺菌と炎症を抑制する薬膳を始めました。
そして、ようやく上記の症状が落ち着きました。

画像(330x253)・拡大画像(524x403)
画像(330x241)・拡大画像(517x379)

●これからは毛を生やします!
大腸のカビを減らして腸漏れを防ぎ炎症を抑制します。
中型犬ともなると漢方薬は割高になりますが自然の素材を使用しているのでノイズの発生がありません。そのノイズ(化学物質、遺伝子組み換え素材)が次の病気を生む原因になるので一時的な緩和療法を目指すのではなく、根本の原因追及を行い芯から治す方法をお勧めします。

レポートは続きます・・・。

  一記事表示

ハムスターの皮下腫瘍 [News]

●サーレ Gハムスター ♂ 40g
「疲れやすい、息が浅い、できものに昨日気がづいた」
などの主訴で来院されました。

早く浅い呼吸と右脇には1p大の腫瘍が目立ちました。

早速バイオレゾナンス(生体共鳴)測定を行いました。
*電磁波(高周波、低周波)×
*腸カビ×
*腸内細菌叢の乱れ×
*大腸菌×
*血液寄生虫×
*食事と水の汚染×
*悪性腫瘍×

画像(330x276)・拡大画像(348x292)

測定内容から以下を行いました。
*病原体排除
*食事と水汚染の中和処置
*腸内のカビの抑制と善玉菌の育成
*抗癌処置

●1カ月後
「以前と比較して動きが活発になった」と嬉しい一声でした。

皮膚の腫瘍は残っていますが、明らかに動きが活発になり
入れ物の水槽をジャンプで飛び越えそうな勢いです!
電磁波(高周波)の問題はまだ残りますが、
この調子で細胞レベルから身体のクリーンアップを行い
復活して頂く予定です。

画像(330x238)・拡大画像(489x354)

●まとめ
癌の発生の始まりは、多くは「腸漏れ」からです。
腸漏れの原因は生まれる際に親からカビが移る、あるいは、食事と水の汚染などにより腸が炎症を起こし腸管上皮細胞結合(タイトジャンクション)が破壊されることで発生します。

我々人間も「90%は腸漏れ※」と言われる時代です、
食べ物に含まれる毒性物質、遺伝子組み換え食材、水の汚染(塩素、トリハロメタンなど)を意識して中和、解毒することが必須となります。
※人の場合は小麦、牛乳を特に注意!

ハムスターの多くは2-3歳で腫瘍ができる傾向にあります、その理由は、上記の食事内容と環境が悪すぎるからです。

また、腸漏れから侵入した病原体は酸化した状況で活発になるので、
外部環境である電磁波対策も同じく必須となります。
ちなみにスマートフォンをネットに繋ぐと
2,000μW/m2以上になります。
これはスウェーデンの安全基準(0.1-1000μW/m2)の
2,000〜20,000倍の恐るべき値です!

電磁波測定士 院長 石崎俊史

  一記事表示

未病で発見、未病で治療 [News]

●ヨークシャテリア 2カ月 レナ ♀ 750g
購入して2週間、初の身体検査で来院されました。

画像(268x275)

鼻先から肛門まで検査を行う身体検査の異常は
耳道における軽度の耳垢だけでした。
しかし、この段階で耳垢の発生がある意味は、既に腸漏れによるアレルギーが発生していることが想像されます。
追加検査をバイオレゾナンス(生体共鳴)測定で行いました。

画像(330x223)・拡大画像(529x359)

●バイオレゾナンス測定
身体検査では耳の微かな汚れだけでしたが
生体共鳴による周波数測定では以下の異常も見つかりました。

*大腸△
*アレルギ−△
*腸カビ△
*サイトカイン△※

この結果は、将来アレルギー症状がでる予兆です。
現在は無症状ですが
上記の△(軽度)が×(重度)になった時には
「耳を痒がる」「足先をなめる」などの症状が出現します。

※サイトカインとは?
異物(毒物、病原体、未消化蛋白質など)が細胞内侵入あるいは細胞外に付着すると細胞はMHCと言う旗を揚げて免疫細胞に異常を知らせます。その旗を目印に免疫細胞が集まり攻撃を始めます、そして攻撃の際に伝達物質が免疫細胞(マクロファージ、ヘルパーT細胞)から分泌され、免疫細胞が増員され本格的な攻撃が始まります。

免疫細胞が産生分泌する蛋白質をサイトカインと呼びます。
代表的なサイトカインはIL-1、IL-6、TN-Fαなどで炎症を惹起します、
反対に炎症を抑制するサイトカインも存在します。

画像(330x233)・拡大画像(377x267)

●未病での治療
今後は、腸内細菌叢を整えてカビの増殖範囲を減らし、
腸に炎症を発する有害物質(小麦、塩素、遺伝子組み換え素材、化学物質、農薬、重金属など)を与えないことが将来の病気予防に最も大切です。

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]