広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


選択されているタグ : 

画像診断

膀胱結石 [News]

●アミ 5歳 シーズー♀

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●主訴
「今朝から尿が出にくい」とのこと。さらに、3〜4日前にトイレに石の様なものが出ていたと聞きました。

画像(330x246)・拡大画像(640x479)

●超音波検査
早速、尿検査と超音波検査へ進みました。超音波検査では、結石が存在するとその下にシャドー(影:黒いライン)を引く特徴所見を認めました。尿検査では、尿の沈査で白血球、赤血球、多くのストルバイト(リン酸アンモニュウム結晶)が見られました。結石にも食事療法で溶解できるものとできないものがあります。

画像(330x246)・拡大画像(640x479)

●ストルバイト結晶
今回の結石は、食事で治療できるタイプでしたので、早速処方を始めました。上の写真は、発見当初。右の写真は処方20日後のものです。「ずいぶん小さくなりましたね。」

画像(330x246)・拡大画像(640x479)

●処方39日後
結石が小さくなり、尿として排出されたことでに数も減りました。頑張って処方食を継続してもらった成果がでました。もう一息です。「1ヶ月後の検査が楽しみですね!」


関連タグ :

  一記事表示

ページのトップへ