広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


選択されているタグ : 

呼吸器

猫の気道閉塞 [News]

●約3カ月 ♀ Mix 名前はこれから
「数時間前から状態が悪く、どんどん弱ってきた」と時間外緊急で来院されました。確かに呼吸状態が悪く、体温は35度以下、チアノーゼ、虚脱がありました。緊急処置をしつつお話を伺いました。症状は急性で、電気コードを咬んだ形跡はありません、また普段から発作、特別な持病もないそうです、つい数時間前まで元気に遊んでいたと言われます。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

すると、黒い異物が頭をのぞけました。鉗子を使って喉の入り口に微かに見える物体を引っ張り出しました、最初は何者かよく分からず、恐る恐る触りましたが、その正体は服の飾りとなるボンボリだったのです。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●麻酔の覚醒中
ご存知の通り猫の舌には、返しがついているので、引っかかるものが入ると口側に戻すことができません、その物体がたまたま喉一杯の大きさであり、摩擦抵抗が強かったので、喉まで入ったのですが、食道入口にかけて居座ることになり、呼吸困難⇒虚脱に繋がったのでした。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●麻酔の覚醒30分後
喉から異物が取れると、血圧が上昇し、徐々に酸素飽和度も上がってきました。30分もすると鳴き声が聞かれ、全てが正常に復したのでした。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

間一髪で亡くなる危ないところでした。時間外でしたがスタッフが未だ沢山残っていので、良いタイミングで救命できたことは何より幸いでした。今後は、せっかく拾い上げた命ですから大切にして欲しいと願います。

続きを読む


関連タグ :

  一記事表示

冬子と命名 [News]

●たぶん3カ月 ♀ Mix猫
「歩けない」主訴で来院されました。動けない状態を見かねて奇特な方が保護されました。起立不能、中程度の脱水、ノミ3+、口腔粘膜蒼白、左肺後部に捻髪音が聞かれました。ヒゲは火で焼かれたのか、チリチリに縮んで短く変化しています。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●レントゲン所見
肺音に異常があるので、レントゲン撮影を行いました。
心臓に異常がないことから、急性の細菌性肺炎と仮診断し、抗生剤の治療を5日間行いました。6日後のレントゲンでは、ほぼ炎症が治まり肺音も正常に復しました。

初日

画像(330x250)・拡大画像(519x394)
画像(330x248)・拡大画像(546x411)

6日後

画像(330x275)・拡大画像(426x356)
画像(330x258)・拡大画像(533x418)

●冬子と命名
保護した飼い主さんが、季節柄「冬子」と命名されました。10日後の経過は、食欲旺盛、右半身に麻痺は残るもチョロチョロと動き回って、逃げ足が速いそうです。いたずらされた故に障害が発生した可能せいがありますが、冬ちゃんは誰も恨むことなくリハビリに励み、今を精一杯生きています。今回、保護された飼い主さんの愛に感謝です。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

関連タグ :

  一記事表示

猫の5年に及ぶ頑固な咳 [飼い主さん感想文]

画像(330x211)・拡大画像(640x411)

6年前からうちの子が喘息のような咳をするようになりました。

其の後、咳が年々ひどくなり、何軒か動物病院に行きましたが、検査をしても何も問題がなく、症状を抑える薬を処方されましたが、効かなくなりいろいろ調べて代替療法を取り入れている病院で診てもらおうと思い、こちらの病院にたどり着きました。

こちらでは体に負担のない治療法をすすめてくださり、早速はじめてもらいました。そうすると、一般の検査では見えなかった原因がみつかり、原因が生活環境の中にあることがわかりました。家のカビだけではなく、水や食事、電磁波まで影響を受けていたようでそういったものが原因になっていることすら知りませんでした。早速アドバイスして頂き、できるかぎり生活環境を改善して治療を受けるようになりました。治療は全く負担にならない様で気持ちよさそうにいつもリラックスしています。

5年も長い間咳が治らなかったのでそれぐらいかかるだろうと思っていましたが、治療を始めて4か月ぐらい経って咳の回数が格段に減りました。特に電磁波の影響を極力少なくするようになってから劇的に効果が表れました。それだけではなく、シニアになっておとなしくなったのかと思っていたら、長年の悪い生活環境の影響で治療を始めたころは「生命エネルギー」が弱くなっているとのことでしたが、今ではおもちゃでものすごく遊ぶようになりました。

画像(219x330)・拡大画像(320x482)

それと昔からうちの子は週に2,3回吐くので体質なのかと思って聞いてみたら食餌のアドバイスをいただき、その通り実行したらほとんど吐かなくなりました。今まで良いと思っていたことが逆に負担をかけてしまっていたのかと思うと本当に申し訳なかったと反省するばかりです。すごく勉強になりました。

院長先生から良いアドバイスをいただき、他の先生や看護師さんたちにもいつも親切にして頂いてこちらの病院に来て本当によかったです。とても感謝しています。少し距離はありますが、全く苦になりません。これからもよろしくお願いします。 廿日市の愛猫家より


関連タグ :

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ