広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


選択されているタグ : 

腫瘍

猫の耳道内腫瘤 [News]

●チョウスケ 猫 ♂
頭が左に傾き、外耳炎(球菌貪食)が見つかりました。改善傾向にないので、耳鏡検査に進むことにしました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●耳鏡検査
炎症性ポリープは、猫では、ほとんどの場合中耳の粘膜から発生し、鼓膜を破って外耳道まで大きくなった像が見られます。耳道内に居座る腫瘤(ポリープ)により、炎症、感染が慢性化し常に滲出液が出続けることになり不快感が発現します。

画像(330x259)・拡大画像(532x419)

●摘出したポリープと術後
摘出後の耳道の状態は至極順調でした。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

1ヶ月後には、頭の傾き、外耳炎がすっかり良くなり、当然匂いも改善されました。


関連タグ :

  一記事表示

犬の頚部腫瘤と外耳炎 [News]

●コッカー 12歳 ♀ 
それは、それれは、凄いにおいを発して来院されました・・・・
長期に渡り大きくなった腫瘤がはじけ、その摩擦と滲出液による周辺皮膚の慢性炎症が見られました。「近所の先生には、高齢なので、手術をすると死んでしまうよ!」と言われ、今日まで約2年間程放置してきた様です。早ければ早いほど、小さければ小さいほど外科手術の侵襲は少なくなります。手術前にしっかりと検査を行い安全を確認し、また、その検査で手術ができない状態であれば、速やかに改善策を検討して手術に臨むことが肝要です。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●慢性外耳炎
臭いの原因は、腫瘍の破裂と外耳炎が併発していることが分かりました・・・・。こちらも長期に渡り慢性炎症が続くことで、耳道の著しい増殖と慢性感染が発生していました。このようなケースの多くには、アレルギーが根底に潜んでいますので、アトピーあるいは食物アレルギーあるいはその両方が関与しているのかを、しっかりと鑑別して治療方針を立ち上げなければなりません。姑息的に対症療法をくりかえすだけでは、その治療薬による副反応で新たな病気を発生させることになります。全ての病気は「元から立たなきゃダメ!」なのです!

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●7日後
耳からの滲出液の培養結果は、緑膿菌でした。通常、ここで抗生剤を使用するのですが、当院の方針では使用を控えます。増殖病変のある環境では、たとえ培養検査でヒットした抗生剤を使用しても、再び感染が再燃します。また、アレルギーがベースにあると炎症が継続し感染がコントロールできず、軽減したとしても一時的になります。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●摘出腫瘤
首が軽くなり、動きも良くなりました。耳の治療は、漢方薬と鉱石の粉を点耳します。10日後の抜糸では、切除創はすごくきれいで、左右の外耳共に80%の改善が見られました。アレルギーに関しては食事アレルギーが疑われるため、特定の蛋白質に限定して開始しました。外耳は様子を見ながら摘出術を行うかどうか決めたいと思います。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●2週間後
特定蛋白を食べ2週間が経過しています。耳の匂いも大幅に減少し、赤みも少なくなってきました。炎症が取れても増殖病変が残りますので、外耳道切除術を行うかどうかが今度の課題です。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

関連タグ :

  一記事表示

犬の巨大睾丸腫瘍 [News]

●睾丸摘出 ゴンタ 15歳 ♂ ラブラドルレトリバー
「前から少し気になっていたが、今年になってやけに大きくなった!」「もう歳だから、このままで良いのでは?」とお話しいただきましたが、余りに睾丸が大きいため歩くたびにフラフラしている感があり、我々もゴンちゃんとは長い付き合いなので居たたまれず「術前検査をしっかり行い、優しい麻酔で管理しますのでご安心ください」と説得して手術をさせていただきました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)
画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●ついでに脾臓摘出
術前身体検査、そして超音波検査で見つかった脾臓腫瘤も同時に切除しました。脾臓の腫瘍は、大きくなり過ぎると突然破裂して失血し、時には出血性ショックで死亡してしまいます。良い機会でしたので、積極的に手術させていただきました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●14日後のすまし顔
傷は抜糸が必要ない手技を行ったため往診で傷のみの確認をさせていただきました。飼い主さんからは「以前より元気になって困る」と我々にとっては嬉しいお言葉を戴きました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

お父さんの横ですまし顔

ゴンちゃんは、15歳とは思えぬ元気の良さです。睾丸、脾臓に腫瘍ができたことは、真摯に受け止め、これより「気・血・動」を意識し改善し、元気に長生きしていただきたいと思います。まずは、カビも生えないオヤツのジャーキーは止めましょう!


関連タグ :

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]