広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


選択されているタグ : 

小鳥

文鳥の肺炎と感想文 [News]

●ピー 文鳥 若齢
「昨日から元気がなく、プチプチと音がする」と重い呼吸状態で来院されました。
鳥は、触られることに敏感でストレスがかかりすぎると死んでしまうことさえあります。よって、今回は波動測定のみの結果に基づいて処方を行いました。
測定結果より細菌性の肺炎を疑い、細菌対応の漢方薬を処方しました。また、水と食事の汚染も存在していましたので改善をご指導し、保温を指示しました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●1カ月後の再会
プチプチの音は無くなり、すっかり元気になった姿に感激、感動。また、水と食事の検査は問題もなくなり、飼い主さん共に満足のゆく状態でありました。

●飼い主さん感想文
ピーがうちに来て1週間経った頃、何度もおかわりしていたさし餌を3口ほどしか食べなくなりました。飲み込む時も目をつむってなんとなく痛そうな感じがしました。
そのうちに、喉の下辺りから、プチプチプチプチ…と弾けるような音がしだして、心配になったのでネットで『文鳥 プチプチ音』で検索。

トリコモナス症というワードか引っかかりました。
同じような症状で亡くなってしまった文鳥の雛のことを書いたブログを読むと、プチプチ音がしだした時はもう重症かもしれないとありました。
怖くなりすぐに広じゅうの動物病院に電話しましたが、どこも鳥を診てくれるとこはなく、呉のこちらの病院に行き着きました。いきなり電話したにも関わらず、電話口の先生のご対応がとても印象良く安心しました。

私は大人になってペットを飼ったことがなく動物病院も初めてで、全くの未知の世界で不安でしたが、地元の小児科のような雰囲気で親しみ易かったです。
フンの検査から肺炎であることがわかり、漢方とケイ素、電磁波から遠ざけることで治療していくことになりました。

電磁波はなんとなく体に悪いことは知っていましたが、鳥にこんなに影響するとは思わず、今回のことでとても勉強になりました。約1ヶ月後に再度来院。プチプチ音も全くしなくなり、肺炎は治っておりました。

画像(248x183)

この度は本当にお世話になりありがとうございました。またお世話になることがあると思いますので宜しくお願いします☆


関連タグ :

  一記事表示

鳥の腫瘍 [News]

●ピヨコ 4歳 セキセイインコ ♀
昨年から発見されていた尾脂腺における腫瘍がいよいよ大きくなり、気にして嘴でつつくことで出血が止まらなくなっていました。この度、覚悟を決めて決死の切除にトライしました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●凍結手術
炭酸ガスレーザーで除去を試みたもの、腫瘍塊が大きく、その都度出血が起こります。途中から液体窒素による凍結手術(約−20度)に切り替えることにしました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

凍結機 各種プローブ

約1時間30分にわたる処置でした。一番の問題は、凍結溶解後の腫瘍塊からの持続的な出血でした。染み出てくる血液すべてを丁寧に止血する作業が続きました。この間約1時間。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●覚醒直後
こびりついた便と羽を整理すると、随分とこじんまりとしてしまいました。徐々に壊死が進み約2週間で腫瘍が完全溶解する予定です。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

状態が悪い中、冷冷の手術でしたが、無事に終了し安堵しました。

●7日後
7日後にご無事な姿で来院されました。腫瘍はほぼ壊死(お尻についている黒い殻)して、数日後には落ちると思われます。インコか?ひよ子か?分からない姿になりましたが、出来物が取れて元気になることが何よりです、もうひと踏ん張り、頑張ろうー!

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

「何か用?」と振り向いた瞬間

●1ヶ月後
嘴の矯正とエネルギー充電に来院されました。尾の部分から羽が生え出し、ヒヨコから本来のインコへ再生しつつあります。(笑)

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

いたって元気で、絶好調だそうです。


関連タグ :

  一記事表示

小鳥の食事について [News]

●正しい食事が大切
ほとんどの小鳥の食事は、種100%で構成されています。多くの飼い鳥は、80%のペレットと野菜類、10%以下の果物、ナッツ、穀物が良いとされます。種子のみを長期に渡り食べ続けると、VA欠乏症、低カルシウム症、脂肪肝などが発生します。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●食事の変更
辛抱強く4−5カ月かけて種子にペレットを混ぜながら熱心にあの手この手で変更に努めなければなりません。


関連タグ :

  一記事表示

ページのトップへ