広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


私が腸にこだわる理由 [News]

●病は腸から
電気的には病は気からと言えますが、
発生学的には全ての臓器は腸から分化しており
殆どの「病気は腸(大腸)から始まる」と言っても過言ではありません。

人間同様に多くの動物達の大腸にカビが増殖し腸漏れ(リーキーガット)が始まっています。腸漏れが始まると入ってはいけない病原体・蛋白質・毒物が侵入し感染症、自己免疫疾患、癌などの難病や多くの病気の元になります。

画像(330x210)・拡大画像(471x301)

●腸漏れの要因
腸の上皮細胞を危弱化するのは、農薬、化学物質(塩素、鎮痛剤、保存料、安定剤、殺菌剤)、ストレスなどがあります。
抗生剤は化学物質としての弊害と腸内細菌叢を乱しカビの繁殖を許す害悪があります。一旦カビの増殖範囲が広がると手を打たない限り消えることはありません。

そもそも人より賢くて40億年近く子孫を残し続けてきた微生物群に抗菌剤、消毒剤などを浴びせかける単純な方法で制圧することなどできる訳がなく、彼らはバイオフィルムといカプセルを形成したり、排泄ポンプを作り出したり、あの手この手で薬の効かない耐性菌になってしまうのです。

化学物質がなく小麦の含まれない正しい食事選び、良質な水あるいは塩素を含む水道水の処理も腸を守る大切な事柄の一つです。

多くの食物には遺伝子組み換え素材で占められています。また小麦に含まれるグリアジンが上皮細胞に結合するとゾヌリンが過剰分泌され腸の上皮細胞に結合しタイトジャンクションが破壊され腸漏が始まります。

病気の元は腸漏れ!

●治療
まずは大腸に異常繁殖したカビを見つけて乳酸菌などでカビを正常化します。
他には食事の変更、ミネラル不足を補助します。
最終の仕上げは酪酸菌を増やし制御性T細胞を活性化して炎症を抑制し、アッカーマーシア菌を増やしムチン(粘液)を増加させて腸漏れ補助を行います。

元気できれいな便をしていても、生まれ落ちて数か月という若い時期から腸の異常が多くで始まっています。
腸漏れから病気という作品が出来上がるには数年の時間を要します。バイオレゾナンス(生体共鳴)を用いて未病の段階で異常を発見し、そして正常化するこで組織の再修復は可能となり究極の早期治療になります。

●腸は根っ子
腸は植物で言うところの根の部分に当たります。
根に必要な条件は以下です。
@水⇒安心安全な水
A土⇒栄養(化学物質、農薬に汚染されていない食事)
B環境⇒住環境(特に現代は電磁波対策・抗生剤)

目に見えない部分の早期異常を発見し病気にならない生き方を目指しましょう!

  一記事表示

私が抗がん剤を選択しない理由 [News]

●癌とは?
癌は本体の細胞と類似したアポトーシスを起こさない、つまり死なない細胞です。同じ本家出身ですので仲間であり、身体の極限状態を支えてくれている仲間であると理解していましたが、その大元には病原体が存在することが分かってからは、仲間から敵に乗っ取られ異常増殖している別物と認識が変わりました。

画像(330x210)・拡大画像(471x301)

●癌の三大療法
癌の三大療法と言えば
@外科※
A抗癌剤
B放射線

3種の神器であれば良いのですが、
残念ながら3大療法を使用すると強力な活性酸素が発生し、身体が著しく酸化に傾きます。癌の発生がある身体は既に強く酸性化していますが、その状態がさらに酸化してスーパー強酸状態に陥ります。

このスーパー強酸状態には病原体が狂喜乱舞し、免疫軍が長期休暇を取ってしまいます。ただでさえ癌が発生した状況は免疫軍が働かない状態ですが、酸化が強まり休暇を取ってしまえば一旦は化学物質の影響で癌は縮小することもあるかも知れません、その後病原体を内蔵する癌のもとは暫く大人しくするか、ある日突然に酸化ストレスが加わる、あるいは免疫軍が低下した際には再び増殖を始めます。

※外科に関しては、時と場合により使用します。その際には患者の免疫状態と周辺臓器の影響を考察してご相談します。

●癌が治るとき
病院に見放され治療の施しようのない状態の方が奇跡の生還をされることを読み聞きしますが、それは、今までの生き方を反省して、食事を改善(時に絶食)し、ネガティブな考え方や追い詰められていたストレスフルな生活を見直し、適度の運動を開始して汗をかきながら自然と触れ合うことにより、強力な酸化状態が還元され免疫軍が正常化し病原体が大人しくなるが故に生じる流れと思われます。

※酸化の原因
@農薬、有害物質の汚染
A電場、地場障害
B糖質過多
C心の問題

●治療方針
私の行う癌治療は酸化状態を還元させ、免疫を強化し、病原体を排除することにあります。
科学で究明できている仕組みは、ほんの一部分でしかすぎません、治療を受け持つ側としては、患者さんの足を引っ張る治療をしてはならいことを厳守しています。
私の3種の神器は以下です。
@酸化還元
A免疫強化
B病原体排除

我々が掴んでいる情報は、まだまだほんの一部です、有効な治療法を見つける研究を日夜続けなければなりませんが、ぶれずに思うことは「自分が病気になった際に選択する治療」を患者さんにお勧めすることです。

  一記事表示

私が漢方薬にこだわる理由 [News]

●病気について
大胆に申し上げると、そもそも動物も我々人間も目に見えない電気によって生命活動を行っています。
病気は体の中にノイズ(ゴミ)が溜まること。
電気の流れが悪くなると明かりがつかないことと同じく不具合が生じます、例えば病原体が体に侵入した際に免疫細胞である白血球軍がネットワークを使って集まるのですが、これも電気信号により行われています。そして、細胞内、細胞間にも見えない電線が張り巡らされているのです。

「病は気からの気」は電気の気。
電線にノイズが溜まったり、電線が切れたりすると情報伝達が滞り、
病気が発生するのです。

画像(330x210)・拡大画像(471x301)

●西洋薬VS漢方薬
@人工物
簡単に申し上げると
漢方薬は、自然のものを組み合わせた総合効果で身体の通電障害を修復し改善に導くものです。
治療薬として不自然なものであれば、ノイズ(ゴミ)の付着があり通電障害が発生し、そのノイズにより別の通電障害が生じます。

「不自然なもの」とは人間が造り出した人工のもの、つまりは化学物質のことです。この不自然なものはノイズ(ゴミ)を含んでいるので電気の流れに影響します。
西洋医学の薬は人工の化学物質で作られていることはご存じのことと思います、使用すれば当たり前に含まれるノイズ(ゴミ)により大なり小なりの副作用が必発します。その症状は表に出る場合と出ない場合があります。

では、自然100%の漢方薬で副作用が生じないのかと言うと西洋医学薬とは別の仕組みで発生します。例えば冷えている患者に冷やす処方を行えば悪化します。マイナスに傾いているものをさらにマイナスに導いてしまうからです。食材として旬を大切にする意味も同じくそこにあります、例えば外気温が下がる冬に、体温を下げるスイカを食べていけないことは昔なら当たり前でした。そして、冬にスイカは市場に出回っていませんでしたね。

不自然な薬にしろ食べ物にしろ
多かれ少なかれ目に見えて分かる、
あるいは感じない副作用が体の中で発生しています。
できる事ならばノイズが含まれる物と関わることは避けたいものです。


A単一VS複合
西洋医学の薬は人工の単一成分で出来ています。
一方、漢方薬は数種の自然素材を組み合わせた複合薬です。身体の仕組みは単純ではありません。色々な関わり合い(陰、陽、湿、乾、温、寒、相互、相殺)を配慮してバランスよく調整されている漢方薬の方が体には都合が良いのです。効能は@血の流れの改善A水分調整B温度調整が中心となります。

西洋医学の薬を何種類も組み合わせて飲むことは、予測できない副作用の危険があります。漢方薬は何種類もの材料の複合ですが、相互のバランを考えて作られている点が異なります。

●思いもノイズとなる
人工で作られた化学物質は殆どのものが人間の欲で作られます。速くて、安くて、便利の正体は人間の欲による「煩悩」「毒」です。その煩悩、毒はノイズ(ゴミ)そのものなのです。
太古の昔より共生してきた自然のものは、体に障害を与えない仕組み(歴史)があります。しかし、農薬などを散布して経済、労働効率を上げれば、そこにノイズが発生し、そのノイズを含んだものをいただいた体には、ゴミが溜まり電気障害の成れの果てである病気が発生してしまうのです。

ネガティブな思いも負の電磁波を形成します、自身、および周辺の動物達に影響を及ぼし酸化(錆付き)が発生して通電障害が起こります。
常に穏やかでポジティブな状態で動物たちに接することが肝要です。わが身の癒しを求め負の感情を受け止めてもらう行為は避けたいものです。

人間は動物達より大脳皮質が発展してしまったため
自然と共生しながら生き以外の欲を持つようになりました。その人間の我欲で自然に生きる動、植物など人間以外の全てのものに犠牲を強いている現状を反省し、再出発しなければ地球はもちません。

過去の日本の伝統文化には、自然と共生する姿がありました。これ以上便利にする必要はありません、人間の我儘を取り去り急速に壊れゆく故郷を取り戻さなければなりません。
自然のものを使い、不自然なものと関わることは止めましょう!

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]