広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


2017年08月28日(月)

腹腔鏡手術 15周年! [News]

●早いもので15年経ちました!
私が腹腔鏡を始めたのが15年前でした。当時は私の知る限り動物で腹腔鏡を行っている獣医医療施設は日本では2件ほどでした。できるだけ小さな切開で痛みの少ない手術をしたい思いを抱いていた私は、鳥取大学外科学教室、南、岡本先生とのご縁をいただき、そのご指導の下、スタッフの猫ちゃんに腹腔手術を行ったのが初めてでした。その事前準備には、アメリカでのトレーニング3回、日本では鹿児島大学医学部でお世話になりました。医学部での参加はまだ珍しく動物でも何に適応するのかと多くの医師から尋ねられたものです。今では約15分で終了する手術が、当時は2時間も要したものでした、現在までに数千件をこなしていますが、多くの指導者のおかげで死亡事故は一件も発生していないことが何よりの幸せです。志も新たに、これからも侵襲が少なく優しい手術を追求していくつもりです。
よろしくお願いします!

●施設
手術台周辺に4台のテレビを配置し、そのテレビに映った映像を見ながら手術を行います。腹腔鏡は痛みの少ない手術ではありますが、手術前には硬膜外麻酔、手術中には麻薬による持続的な疼痛管理を行っています。

画像(330x251)・拡大画像(481x366)

●子宮卵巣摘出
最尾側の5mmの切開創から子宮と卵巣を取り出します。

画像(330x237)・拡大画像(472x340)

●術後
通常3ヶ所、5mmの切開創(特別なカメラを使用すれば2ヵ所)で終了します。そして、10日後にそれぞれの医療用ホッチキス1本を除去して終了します。

画像(330x233)・拡大画像(454x321)

●お迎え
「飼い主さんに抱かれて帰宅するところ」です。当日帰宅可能で麻酔が覚めた後は走ることも可能です。万が一管理が悪く、傷が開いてしまったとしても創口が5oですので臓器が飛び出す危険はありません、また傷が小さいので痛みを極力抑えた安全安心な手術であります。

画像(330x238)・拡大画像(438x316)

12時28分


ページのトップへ