広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


2019年03月15日(金)

減感作療法終了しました! [News]

●パン ♂ 6歳 ホーランドロップ
主訴は「慢性下痢」でした。
テストを行うと多くの抗原に問題があり、話し合いの末に減感作療法を行うことになりました。15回のハーモナイズ処置後、減感作療法が完了しました。いつもお尻が便で汚れ毎回処置をおこなっていましたが、減感作療法後半からは便の状況に変化が現れ良便に変化してきました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●16歳 三毛 ♀ みけこ
主訴は「慢性嘔吐」でした。
抗原検査を行う66項目1,000種の抗原検査では、全てに問題がありました。
期待の15回の検査後、晴れて感作が終了していることが分かり飼い主さんは安堵されました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

「15回も!」と思う飼い主さんもいますが、15回で体質が改善されて、それ以降アレルギーに悩まされなくとおもえば「たった15回で!」と考えることもできます!☺

●抗原検査項目(66項目-1,000種類)
@食品
A食品添加物
B香料
C消毒剤、保存料
D花粉
E動物上皮、昆虫毒

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

F真菌類
G木材粉塵、植物繊維、干し草粉塵
H繊維製品、洗剤
I医薬品(抗生剤、副腎皮質ホルモンなど)
J金属
K殺菌剤
L環境化学物質

などが測定可能です。
そして、測定後の結果に基づいて減感作(ハーモナイズ)を行います、
通常10〜15回の治療で完了します。
完了後は体質が改善されますので、今まで反応を起こしていた状況から解放され、好きなものを頂けるようになり、環境などによる炎症の過剰反応もなくなります。


関連タグ :

13時10分


ページのトップへ

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

キーワードリスト

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]