広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


犬の前庭疾患と脳神経障害 [News]

●石松 11歳 ♂ パグ
「前庭疾患と脳腫瘍の可能性」と仮診断医を受け、ステロイドの服用を続けていたそうです。ときどき深夜に奇声をあげてのけ反る、気絶するなどの症状が散見されたようです。当院の飼い主さんの紹介で遠方より来訪されました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

エネルギー低下 斜傾 歩行不十分

●身体検査
身体検査では、肥満、鼻腔狭窄、軟口蓋過長、角膜の色素沈着、腹囲膨満、頭部の右傾斜、歯石(2+)、乾燥性角膜炎がリストアップされました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●PSバイオレゾナンス測定
ベーシックな所では、高周波障害、酸化、食事・水の汚染、酵素不足、経絡の滞りが見つかりました。その他、甲状腺機能低下、副腎皮質機能低下、癲癇、アレルギーの異常も発見されました。

●調整と経過
レゾナンス治療と併せて、癲癇発作に適合する漢方薬を処方しました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

目元パッチリ、活力上昇、10歳若返り

週一回、1カ月の波動調整を続けると、歩行もままならない状態が走れるように、傾斜した頭も正常位に復し、癲癇発作もなくなりました。その回復の速さに我々も飼い主さんも吃驚しました。そして、「石ちゃん可愛いね〜」と飼い主さんの優しい愛のある声掛けが功を奏したのだと思います。

  一記事表示

猫の大腿頚部骨折 [News]

●バロン 日本猫 ♀ 7か月
「3-4mの高さから落ちた、その後左後肢をブラブラさせている。」主訴で来院されました。本人は左足以外は、いたって元気でした。身体検査後、レントゲン撮影を行いました。

画像(302x230)

●レントゲン検査
レントゲン検査では、左の大腿骨頚部の骨折と分りました。
手術を希望されましたので、早速段取りを行いました。

画像(330x182)・拡大画像(369x204)
画像(330x213)・拡大画像(438x284)

●整復
骨折部を整復して、3本のピンを打ち込み固定しました。

画像(330x240)・拡大画像(348x254)
画像(330x217)・拡大画像(475x313)

●6か月後
頚部骨折はレントゲン上では綺麗に修復されています、臨床症状は「走り飛び回る」状況から、完全完治をお伝えしました。気を付けてと伝えても、やんちゃ盛りですから「無理だろな〜」とおも

画像(246x163)

  一記事表示

犬の頚部椎間板ヘルニア [News]

●パピオン ♂ アール 
「4か月前から、左前脚を怪我したような様子で負重を嫌ったり、足先を上げたりする。そして、時々体を触ると大きな声で”ぎゃーん”と鳴きその後震える。」主訴でした。他院でのレントゲン撮影では異常なし、しかし、相変わらず足をかばう様子が続いていたそうです。

画像(330x270)・拡大画像(517x424)

●波動(振動)測定
波動測定では、頚部椎間板ヘルニアが疑われました。臨床症状からも末梢神経障害、ヘルニアを強く疑います。痛みを取り、電気の流れ、血行を改善する漢方薬を3種と波動治療を行いました。再診の3日後には、調子は変わらずかばって歩くと言われます。ここで波動治療を併用しました、すると7日後には走るようになり「治った!」と言われるほど、痛みと左足の跛行は改善されていたのでした。

●治療期間
ステロイド、消炎鎮痛剤を投与されていると治療期間が長引きます。なぜならば、一旦炎症、痛みを抑えますが、その薬剤による活性酸素が発生し炎症が再燃するからです。ステロイド剤が”天使の顔をした悪魔”と言われる所以です。
ステロイド投薬の詳細は分りませんが、治療14日で90%の改善があり非常に良好です、油断せずに1ヶ月は治療を行いたいと思います。

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ