広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

INFORMATION

診察時間のご案内 ※診察・往診ともに完全予約制です ※翌月の診察時間は当月下旬に掲載させて頂きます。
電話予約はこちらまで。[呉本院]0823-21-4175 [大柿分院]0823-40-3055
当日予約は閉院30分前までにお願いします。

獣医師と看護師とトリマー募集!
健全で謙虚で前向きな獣医師を募集しています、年齢は問いません。 通常診療から最先端西洋医療、ドイツ振動医学、伝統的東洋医学など幅広く統合医療を勉強できる好環境です! 先ずは、実習で確認ください、親切にきめ細かく指導します。
看護師部門は資格は必要ありません、優しくて、愛情のある方であれば当院のトレーニングで立派な看護師に成長できます!
詳しくはTEL.0823-21-4175またはスタッフ募集よりお問い合わせください。

RSS1.0


小鳥の副鼻腔炎 [News]

●小桜インコ ピース 
「クシャミ、鼻水、時折の開口呼吸、若干の膨毛」の主訴でした。
視診では元気そのものです。

画像(330x221)・拡大画像(519x348)

●バイオレゾナンス測定結果
酸化×
電磁波×
ミネラル×
食事×
水×
細胞膜障害×
カンジダアルビガンス×
副鼻腔×

●治療と対策
今回の主症状であるクシャミ、鼻水の原因は副鼻腔における細菌感染でした。
細菌を処理する漢方薬を大腸におけるカビ対策に乳酸菌、ミネラル補給の処方して、酸化防止のために水の変更、食事の毒性中和、電磁波対策をお願いしました。


●4週間後
4週間後の測定結果は、副鼻腔における細菌感染は陰性でした。症状も全く無くなりさらに活動的になったそうです。

腸におけるカビの問題はまだ残ります。
見える症状である「くしゃみ」は無くなり元気になりました、
残念ながら目に見えない腸の問題をお伝えしても、なかなか伝わらないのが私の推奨する未病治療の現状です

食事、水の大切さをご指導して一旦治療は終了しました。

  一記事表示

私が腸にこだわる理由 [News]

●病は腸から
電気的には病は気からと言えますが、
発生学的には全ての臓器は腸から分化しており
殆どの「病気は腸(大腸)から始まる」と言っても過言ではありません。

人間同様に多くの動物達の大腸にカビが増殖し腸漏れ(リーキーガット)が始まっています。腸漏れが始まると入ってはいけない病原体・蛋白質・毒物が侵入し感染症、自己免疫疾患、癌などの難病や多くの病気の元になります。

画像(330x210)・拡大画像(471x301)

●腸漏れの要因
腸の上皮細胞を危弱化するのは、農薬、化学物質(塩素、鎮痛剤、保存料、安定剤、殺菌剤)、ストレスなどがあります。
抗生剤は化学物質としての弊害と腸内細菌叢を乱しカビの繁殖を許す害悪があります。一旦カビの増殖範囲が広がると手を打たない限り消えることはありません。

化学物質がなく小麦の含まれない正しい食事選び、良質な水あるいは塩素を含む水道水の処理も腸を守る大切な事柄の一つです。

多くの食物には遺伝子組み換え素材で占められています。また小麦に含まれるグリアジンが上皮細胞に結合するとゾヌリンが過剰分泌され腸の上皮細胞に結合しタイトジャンクションが破壊され腸漏が始まります。

病気の元は腸漏れ!

●治療
まずは大腸に異常繁殖したカビを見つけて乳酸菌などでカビを正常化します。
他には食事の変更、ミネラル不足を補助します。
最終の仕上げは酪酸菌を増やし制御性T細胞を活性化して炎症を抑制し、アッカーマーシア菌を増やしムチン(粘液)を増加させて腸漏れ補助を行います。

元気できれいな便をしていても、生まれ落ちて数か月という若い時期から腸の異常が多くで始まっています。
腸漏れから病気という作品が出来上がるには数年の時間を要します。バイオレゾナンス(生体共鳴)を用いて未病の段階で異常を発見し、そして正常化するこで組織の再修復は可能となり究極の早期治療になります。

●腸は根っ子
腸は植物で言うところの根の部分に当たります。
根に必要な条件は以下です。
@水⇒安心安全な水
A土⇒栄養(化学物質、農薬に汚染されていない食事)
B環境⇒住環境(特に現代は電磁波対策・抗生剤)

目に見えない部分の早期異常を発見し病気にならない生き方を目指しましょう!

  一記事表示

私が抗がん剤を選択しない理由 [News]

●癌とは?
癌は本体の細胞と類似したアポトーシスを起こさない、つまり死なない細胞です。同じ本家出身ですので仲間であり、身体の極限状態を支えてくれている仲間であると理解していましたが、その大元には病原体が存在することが分かってからは、仲間から敵に乗っ取られ異常増殖している別物と認識が変わりました。

画像(330x210)・拡大画像(471x301)

●癌の三大療法
癌の三大療法と言えば
@外科※
A抗癌剤
B放射線

3種の神器であれば良いのですが、
残念ながら3大療法を使用すると強力な活性酸素が発生し、身体が著しく酸化に傾きます。癌の発生がある身体は既に強く酸性化していますが、その状態がさらに酸化してスーパー強酸状態に陥ります。

このスーパー強酸状態には病原体が狂喜乱舞し、免疫軍が長期休暇を取ってしまいます。ただでさえ癌が発生した状況は免疫軍が働かない状態ですが、酸化が強まり休暇を取ってしまえば一旦は化学物質の影響で癌は縮小することもあるかも知れません、その後病原体を内蔵する癌のもとは暫く大人しくするか、ある日突然に酸化ストレスが加わる、あるいは免疫軍が低下した際には再び増殖を始めます。

※外科に関しては、時と場合により使用します。その際には患者の免疫状態と周辺臓器の影響を考察してご相談します。

●癌が治るとき
病院に見放され治療の施しようのない状態の方が奇跡の生還をされることを読み聞きしますが、それは、今までの生き方を反省して、食事を改善(時に絶食)し、ネガティブな考え方や追い詰められていたストレスフルな生活を見直し、適度の運動を開始して汗をかきながら自然と触れ合うことにより、強力な酸化状態が還元され免疫軍が正常化し病原体が大人しくなるが故に生じる流れと思われます。

※酸化の原因
@農薬、有害物質の汚染
A電場、地場障害
B糖質過多
C心の問題

●治療方針
私の行う癌治療は酸化状態を還元させ、免疫を強化し、病原体を排除することにあります。
科学で究明できている仕組みは、ほんの一部分でしかすぎません、治療を受け持つ側としては、患者さんの足を引っ張る治療をしてはならいことを厳守しています。
私の3種の神器は以下です。
@酸化還元
A免疫強化
B病原体排除

我々が掴んでいる情報は、まだまだほんの一部です、有効な治療法を見つける研究を日夜続けなければなりませんが、ぶれずに思うことは「自分が病気になった際に選択する治療」を患者さんにお勧めすることです。

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]