広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

INFORMATION

診察時間のご案内 ※診察・往診ともに完全予約制です ※翌月の診察時間は当月下旬に掲載させて頂きます。
電話予約はこちらまで。[呉本院]0823-21-4175 [大柿分院]0823-40-3055
当日予約は閉院30分前までにお願いします。
※診察時間の変更 9月より診察時間が変更になります。
午前8時〜午後5時まで(最終予約4時半)


※獣医師と看護師とトリマー募集!
健全で謙虚で前向きな獣医師を募集しています。 通常診療から最先端西洋医療、ドイツ振動医学、伝統的東洋医学など幅広く統合医療を勉強できる好環境です! 先ずは、実習で確認ください、親切にきめ細かく指導します。

詳しくはTEL.0823-21-4175またはスタッフ募集よりお問い合わせください。

RSS1.0


新分院 10月2日 0pen! [News]

●分院改装作業終了
島の皆様に支えられて20年
急遽 旧分院の更地通告があり候補地を1年かけて探してきました。
なかなか島にはテナントが無く
ギリギリのご縁で見つかった今回の場は
海と山に囲まれた開放的な場所でした。

契約期限 残り1ヶ月の中、飼い主さんのご厚意を含め
多くの皆様のお力で無事移転が完了しました。
この場を借りてお礼申し上げます。

旧分院と比較して
約半分の面積になりました。
ゆえに 引っ越し当日、
運びこまれた荷をどうやって片付けようかと
途方にくれました、、、。
幸い 夕方には何とか開院準備が整いました。

手作り感満載ですが許してください。

画像(250x330)・拡大画像(366x482)

●ベストビュー
待合室からは海が一望でき気持ちの良い環境です。
新たな気持ちで
リラックスしながら
真実の医療をさらに探求してまいります。

画像(330x263)・拡大画像(616x491)

旧分院で20年間連れ添った修繕だらけのソファーは
近日中に入れ替えます。
懐かしんで今しばらくは我慢ください。
壁は私が漆喰を塗る予定です(汗)。

おりしも 10月2日は私、院長の誕生日です
どうか皆様 お気など使わずお越し下さい。
しかしながら お祝いは遠慮なく頂戴致します(笑)

  一記事表示

19歳! 犬の膀胱結石 [News]

●シーズー 19歳 ♂ 
臨床症状から尿道結石による尿の閉塞であることが分かりました。

まずは10歳そこそこに見える容姿に、19歳とは驚きました!
さて、さて、この年齢に麻酔をかけて処置するのは
如何なものかと不安になりました。
まずは血液検査を行いました。

急性腎不全と思われる数値は高いですが、
他はほぼ正常と2度目の驚きです。

画像(330x235)・拡大画像(546x390)

●尿閉解除
麻酔下にて尿道部分の閉塞している結石を
膀胱へ押し込み閉塞を解除し
閉鎖回路を装着して尿の排泄を図りました。

翌日から3日間まったく食欲は全くありませんが、
急性腎不全の数値は順調に改善してきました。

超音波検査で多数の結石を認めました。
一時的に閉塞を開放しても
またすぐに閉塞を繰り返す可能性が高いことを考察し
高齢ではあるものの
慎重に麻酔薬剤との相性を精査し
手術を行うことを決めました。

●結石の摘出
開腹手術により多数の結石を上下のフラッシュを繰り返し取り出しました。
大きな結石数個であれば、療法食にて溶解を試みることも
一つの手段でしたが、この内容であれば切開摘出は正解でした。

飼い主さんも手が出せない性格なので、
薬膳投薬用のルートを鼻に設けました。

画像(330x224)・拡大画像(561x381)

●膀胱炎
膀胱はかなり長期間炎症が続いていた様相で、
著しい肥厚と著しい粘膜の慢性化がありました。

膀胱炎の原因菌は大腸菌でした。
私は抗生物質を使用しません、
なぜならば
大腸菌は特に曲者で、ここで抗生剤を使用すると
耐性を獲得する可能性が高いからです。
波動測定により生薬を処方しました。

●今後
ご持参いただいた食事は
それはそれは、化学物質満載の内容でした。
食は体を作ると言いますが、
これほどまでの内容を19年間食べさせ続けているのに関わらず
癌にもならずに維持できたことに
自前の免疫力に驚嘆です!

これからは、食事、水、環境を改善し
30歳を目指して頑張って欲しいと思います。

  一記事表示

分院が移転します! [News]

●移転場所
昨年からお伝えしていました分院移転先が下記に決まりました。
江田島市大柿町柿浦2420-38 山野ビル1階
10月2日から新たな場で診療を開始します。

画像(330x158)・拡大画像(640x307)
画像(330x200)・拡大画像(640x389)

引き続き 地元の皆様に喜んでいただけますよう
奮迅努力してまいりま よろしくお願いいたします。

院長 石崎俊史 
職員一同

 

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]