広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

INFORMATION

診察時間のご案内 ※診察・往診ともに完全予約制です ※翌月の診察時間は当月下旬に掲載させて頂きます。
電話予約はこちらまで。[呉本院]0823-21-4175 [大柿分院]0823-40-3055
当日予約は閉院30分前までにお願いします。
※診察時間の変更 9月より診察時間が変更になります。
午前8時〜午後5時まで(最終予約4時半)


※受付と看護スタッフ募集!
ワード、エクセルのできる明るく愛と感謝のある受付と 健全で謙虚で前向きな看護スタッフを募集しています。 通常診療から最先端西洋医療、ドイツ・ロシア波動医学、伝統的東洋医学など幅広く統合医療を勉強できる好環境です! 先ずは、実習で確認ください、親切にきめ細かく指導します。

詳しくはTEL.0823-21-4175またはスタッフ募集よりお問い合わせください。

RSS1.0


病気の原因と対策 [News]

画像(162x220)・拡大画像(287x389)

皆さん、今年は下記を学び実践し
病気のない良い年にしていきましょう!

病気の成り立ちの基本は実にシンプルです。
@体は食べたものでできている
A自然でないものを入れると体はそれを拒絶する
 そして、その掟を破れば病気(炎症)が始まる。



現代社会では、安心安全な食材を手に入れることは難しく
遺伝子組み換え食材はもっての他ながら、
無農薬栽培であっても
そもそも土が汚染されているので厄介です。
土地の改良から手掛け、ポリシーを持って食材を育てている
農家を見つけなければなりません。
そんな環境下で動物のフード選択は限られます。

我々が身近でできるのは、農薬を中和できる水溶性ケイ素を
使用する習慣づけが一つのアイデアです。
しかしながら、ケイ素で除去できない化学物質も存在します。

同様に汚染物質として西洋医学の薬(石油)で明らかですが
しかしながら、渡される説明文には

重大な副作用
1.アナフィラキシー(飲んだら死ぬヨ)
2.横紋筋融解症(筋肉が溶けて歩けなくなるヨ)
3.ステーブン症候群(失明などするヨ)
4.中毒性表皮壊死症(皮膚がずるむけてはがれるヨ)
などの記載はありません。

本当の説明文に長々と副作用を列記している意味は、
不自然な成分(化学物質)故に発生する多数の問題が潜んでいるからなのです。
(ネツトで薬の詳細は検索可能)

また、多剤での組み合わせ試験を行っていません、
それは同時投与すれば未知の障害が発生する可能性を意味します。

皆さんがご存じのステロイドは
臭いものに蓋をする代表薬で
表面のみをつくろい炎症を抑えますが
原因を除去するのではなく、改善されていると勘違いしているうちに
中のゴミは腐りまくってしまうのです。

画像(330x241)・拡大画像(480x351)

日本が世界で一番癌の死亡率が高い理由は、
未だに標準治療として抗癌剤、放射線、外科の誤った3種の神器を妄信し、
他の治療法の是非を検討することなく使用しているからです。
癌患者の82%は治療の副作用で死亡している報告もあります。
海外では、とっくの昔に安心安全で体で優しい治療を実施し
救命・完治率は上がっているのです。

●病気の原因
1. 上皮細胞間の漏れ(腸、脳、皮膚、呼吸器など)
2. 化学物質汚染
3. 重金属汚染
4. 電磁波汚染
5. 病原体侵入
6. 心の障害とストレス
7. 糖の代謝不全
8. 脳の指令障害(マトリックス障害)
※ 1-6が慢性炎症の元になる
※特に化学物質は、日本の制限が世界一緩いので汚染大国になっている
(廃棄物処理場)
※現代社会では、化学物質、重金属の中和、排毒なしには治療は成功しない

●病気の大元
1. 食事
2. 水
3. 住環境

●病気の対策
1. 安心安全で体質に合った食材
2. 安心安全な地下水
3. 安心安全な住環境
4. 中和と解毒と排泄
5.ミネラル補給

まずは、飼い主さん自身が上記の問題を真剣に捉えて勉強し
そして 実践し実感することです。
それを動物達に反映すれば、間違いなく病気は改善し、
病気になる機会は断然と低下します。

今年こそは本気で大元をとらえる
大いなる覚醒の年にしてください!

  一記事表示

明けましておめでとうございます! [News]

画像(147x220)・拡大画像(157x234)

新年あけましておめでとうございます!
昨年は私の目指すところの
未病の治療を施す余裕も時間もなく
急性感染症の治療に明け暮れた多忙な1年でした。

今年は一般国民が大覚醒することで
コロナ茶番劇から解放され
穏やかで過ごしやすい世に
移りかわっていくことを願っています。

飼い主さんあっての動物達ですので
どうかこれ以上のワクチン接種を避けて、元気に、そしてご無事でいてください。

1.ちなみにワクチン接種率は
  厚生労働省職員10%
  国会議員15%
  医師20%
  国民87%

2.死亡者数は
  昨年は前年度と比べ20万人増です
  東京大空襲並です。

3.厚労省は
「ワクチン接種はコロナの予防効果はありません」
 と驚きの発言です。

4.PCR説明文書には
「人、動物の診断には使用しないでください」
 と記載があります。

上記の4点だけでも
このワクチンの怪しさが分かります。

今年は皆様にとりまして
本当に良い「光」の年になりますように
職員一同心よりお祈り申し上げます。

令和5年 元旦

  一記事表示

お詫びと詳細 [News]

●7日間休診のお詫び
毎年、冬を迎えると無理して働いていることがたたり
必ず冬場に調子を崩します。
昨年は、ヘルペスゾスター(帯状疱疹)ウイスルにより
寝込みはしませんでしたが、鼻が潰瘍になってしまい
修復に1か月かかりました。

画像(330x261)・拡大画像(506x401)

今年こそはと臨みましたが
結果は同じで、最悪の状況でした。
肺炎になり40.3度の発熱が5日間続きました。
そして、過去最長(7日間)に休みました(涙)。

病院へ行くとPCR検査で陽性になり
世界中誰も証明できない「新型コロナ」と診断されてしまい
怖いコロナの治療が始まりますので、自力と漢方薬で治しました。
ちなみに、PCRの増幅サイクルは35(20)とされていますが、
日本では40、民間検査所では45まで上げています。
これでは、感染症を発していない状況でも
さらには、どんなものでもコロナ陽性にされてしまうのです。
「世界中誰一人、コロナウイルスを証明していない!」のにです。
極めつけに厚労省も言います
「コロナワクチンには予防効果はありません!」と。

また、マスクは全く効果はありません。
そもそもウイルスの粒子はマスクの穴より小さいので
簡単に通過してしまいます。
それよりも、空気を十分に吸えないために生じる
酸素不足による脳障害、免疫低下が心配です。
当院はマスクフリーですので
皆様も遠慮なく外してください。

この度は
皆様には多大なご迷惑をお掛けしたことを
心よりお詫び申し上げます。
そして、その間にご心配いただき
暖かい言葉を頂いた
多くの飼い主さんに心より感謝申し上げます。

寒さ厳しく折柄
皆様も正しい情報を入手してご自愛くださいませ。

院長 石崎俊史

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]